超小型4Kアクションカメラ「DJI Osmo Action」発売早々国内最安値より大幅値下がり、GoPro HERO 7 Blackより便利なデュアル液晶も

このエントリーをはてなブックマークに追加



「GoPro HERO 7 Black」対抗の超小型超小型4Kアクションカメラが発売早々値下がりしました。

これからの季節、海辺や川辺で活躍してくれそうな防水モデルです。詳細は以下から。

◆GoPro HERO 7 Black対抗の「DJI Osmo Action」
これが「DJI Osmo Action」。F2.8、145度の超広角レンズを採用した1/2.3インチ1200万画素カメラを備えた65×42×35mm、124グラムのコンパクトなアクションカメラです。


大きな特徴が前面にもディスプレイを取り付けたこと。自分がどのように映っているのかをチェックしながら撮影できるため、GoProシリーズのように「後で動画をチェックしてみたら微妙だった……」となることもありません。


EIS(電子手ぶれ補正)とDJIが培った各種アルゴリズムを組み合わせることで、動きの激しいシーンでもブレのない映像を撮影できる独自技術「RockSteady」を実装しています。


明暗が激しい場所でも映像が破綻しないHDR動画撮影機能を搭載しています。


4K/60fps、100Mbpsの滑らかな高精細・高画質動画を撮影できるため、心に残ったあんな瞬間やこんな瞬間を美しく残すことができます。


◆多彩な撮影機能も
そんなDJI Osmo Actionでの撮影ライフを彩るのが「クリエイティブ撮影モード」。


フルHD/240fpsの「8倍スローモーション」では、鮮やかな一瞬の光景を高精細にゆっくり映し出すことができます。


最大120秒の長時間露光ができる「カスタム露出設定」。超広角レンズと長時間露光で、星が降りしきる満天の夜空を撮ることができます。


行き交う人や車、景色の移り変わりを一瞬のクリップに収める「タイムラプス」に加えて……


「タイマー撮影モード」を使えば、後処理などをしやすいタイマー式のRAW撮影を設定できます。


電源ボタン、録画ボタン、QS(クイックスイッチ)ボタンの3つを使って素早く操作可能。「操作方法が煩雑」といったことはありません。


◆海でも山でも局地でも、どこでも活躍できる本格アクションカメラ
DJI Osmo Actionが本格アクションカメラたるゆえんは、その強靱さ。


水深11メートルまで対応できる防水性能を備えており、水中撮影をガンガン楽しむことができます。


非球面の3層レンズで、直射日光下でも鮮明に撮影可能。広角レンズならではの歪みを4K動画撮影時も補正できます。


マイナス10度でも稼働できる耐寒性能を実現。ウインタースポーツの強い味方です。


4K動画撮影時に問題となるのが本体の発熱。防水モデルだと熱がこもってしまうことがありますが、冷却効率を重視した設計が施されています。


陸上、水中、雪山などあらゆる場所で活躍してくれるDJI Osmo Action。




5月17日に国内発売が開始されたモデルですが、以下の通販サイト「Banggood.com」ではクーポンコード「BGJPdjiA」適用で3万9586円に値下がり。

国内販売価格(4万4820円)を大きく下回り、GoPro HERO 7 Blackと比べても1万5000円ほど安くなっています。

DJI Osmo Action 4k 60fps 8倍スローモーション アクションカメラ - Banggood.com

・関連記事
超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」さらに値下がり、国内最安価格をぶっちぎる過去最安値に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi9」過去最安値に、Snapdragon 855+4800万画素3眼カメラ搭載で値段は夏モデルの約1/3 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Pocophone F1」再び2万円台に、Snapdragon 845搭載の格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

2万円台で高性能・SIMフリーなAndroidタブレット「Xiaomi Mi Pad 4」が値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング