値上がりするはずだった液晶テレビが値下がりへ、オリンピック延期と感染拡大のダブルパンチ

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年は値上がりする見通しと観測されていた液晶テレビが、逆に値下がりすることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、テレビ向け液晶パネルの価格が4月に下落する見通しだそうです。

これは新型コロナウイルスの感染拡大でオリンピックほか主要なスポーツイベントが無くなってしまった結果、テレビの需要が停滞してパネル価格の値下げ圧力がさらに高まるというもの。

2020年上半期のテレビ需要は依然として低迷しており、下半期に回復するかどうかはウイルスをいつ封じ込めるかによって異なると業界関係者はコメントしています。

なお、とりわけ中型サイズが影響を受けるとみられ、32インチテレビ向けパネルが最大37ドル、39.5~43インチ向けパネルは最大65ドルに値下がりする見込み。

パネルメーカー各社の生産量削減や、中国の「独身の日」やブラックフライデーによってテレビ販売が好調だったことで供給過多が解消され、今年から値上がりするとみられていた液晶テレビ。

最も需要を喚起するスポーツイベントが延期された上、感染拡大でテレビを新調するどころではない空気が欧米に広がっていることもあり、値下がりを余儀なくされるようです。

・関連記事
Appleが5G対応の新型iPhone発売を数ヶ月延期か、感染拡大で開発遅れも | BUZZAP!(バザップ!)

1万円の超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」上位モデルも値下がり、大容量バッテリーや本格カメラで十分使える1台 | BUZZAP!(バザップ!)

マスク大量入荷、医療用・防塵マスクの大容量パックや各種予防グッズが怒濤の在庫数で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

【台数限定】2万円台になった「DJI Osmo Pocket」さらに値下がり、格安超小型4Kジンバルカメラに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  3. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング