KDDIとソフトバンクが合弁会社「5G JAPAN」設立、地方の5Gネットワーク早期整備へ



5Gネットワークの早期整備に向け、KDDIとソフトバンクが本格的に動き始めました。詳細は以下から。

KDDIおよびソフトバンクのプレスリリースによると、両社は本日(2020年4月1日)、5Gネットワークの早期整備を目指す合弁会社「株式会社5G JAPAN」を設立したそうです。

これは2019年7月に行われた同意の下進められたもので、両社が保有する基地局資産を効率的に相互利用するインフラシェアリングを推進。

5Gネットワークの地方展開を加速すべく、5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務を行うとしています。

今までにない大容量・高速通信を実現するものの、基地局1台あたりのカバーエリアが狭く、建物の中に弱いWiMAX 2+やAXGPよりもさらに綿密に基地局を整備する必要がある5G。

コスト競争力のあるHuaweiのインフラを排除したこともあり、整備コストがさらに跳ね上がっているため、両社のタッグは非常に大きな意味を持つこととなりそうです。

・関連記事
Appleが5G対応の新型iPhone発売を数ヶ月延期か、感染拡大で開発遅れも | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5Gにノキアやエリクソン買収で対抗するから同盟国は金を出せ」とアメリカが提案、「歴史上初めて次世代技術でリードしていない」と懸念 | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

au独占5Gスマホ「OPPO Find X2 Pro」速攻レビュー、デュアル4800万画素カメラや120Hz大画面有機ELの超高性能スマホが格安販売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにドコモが5Gで「独自のサービス名」を捨てる | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング