ソフトバンクが会社分割で「アニメ放題」U-NEXT傘下に、生き残ったのは「dアニメストア」のみ



ソフトバンクがアニメ定額配信サービスを手放すことになりました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2020年10月1日(予定)に会社分割を行い、定額配信サービス「アニメ放題」事業をU-NEXTに承継させることを決定したそうです。

U-NEXTはアニメ放題において、アニメ作品の調達・企画・配信に関する運営ノウハウを有するソフトバンクの協業パートナー。今回の承継は事業そのものの強化や提供価値の拡大に最適と判断した結果です。

アニメ放題 | 初回1ヵ月間無料のアニメ見放題サイト!


アニメ定額配信サービスは大手携帯3社が提供していたものの、2017年にauが「アニメパス」を「ビデオパス(現:TELASA)」に吸収させるなど、単独でサービスを展開するのが厳しい状況に。

これで生き残ったのはドコモが提供する「dアニメストア」のみとなります。

・関連記事
アニメ・マンガを本当に規制しようとしている政党や議員が一目で分かるリスト | BUZZAP!(バザップ!)

携帯料金値下げに政府介入へ、「大幅な引き下げの余地がある」と菅官房長官が再びブチ上げ | BUZZAP!(バザップ!)

「SBIファーマはソフトバンクのグループ企業、新型コロナの簡易PCR検査無償提供はそのプロモーション」自称ジャーナリストの有本香さん、ドヤ顔で嘘をまき散らす | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング