ブライアン・イーノがラジオ局「The Lighthouse」開設、50年間の未発表曲のみプレイ

このエントリーをはてなブックマークに追加



未発表曲は20万曲にも及ぶとされており、人生の最期まで聴いていられそうですが…。詳細は以下から。

アンビエント・ミュージックの始祖、ブライアン・イーノが監修するラジオチャンネル「The Lighthouse」がSonos Radio HD上で開設されることが分かりました。


このチャンネルではイーノの50年間に渡るキャリアの中で作成された未発表曲のみがプレイされるとのこと。2013年のインタビューによると、その総数は20万曲以上にも及ぶとされています。

Sonos Radio2つのプログラムを先行配信しています。こちらはイーノへのインタビューと楽曲のプレイ。


こちらはイーノ自身がチャンネルについて語った上で楽曲もプレイされています。


現時点ではSonos Radio HD(有料サービス)は日本では提供されていないため、残念ながら今すぐこのチャンネルを視聴することはできません。早期上陸を祈るばかりですが、どうなるでしょうか。

・関連記事
ブライアン・イーノが「最も恐ろしい楽器」と評した、背筋も凍る音楽を奏でる楽器「不安機関」とは | Buzzap!

639年掛けて現在演奏中の世界で最も遅い音楽、ジョン・ケージの「Organ2%2FASLSP」 | Buzzap!

100年前のタイプライターをドラムマシンに魔改造したらロマンのかたまりに | Buzzap!

あの瞑想音楽ループ装置「ブッダ・マシーン」が現代音楽の巨匠フィリップ・グラスとコラボレーション! | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング