伝説のガラケー新機種「G’zOne TYPE-XX」をauが発売へ、タフネスの元祖・G-SHOCKケータイが20周年で奇跡の大復活



カシオが手がけていたG-SHOCKケータイこと「G'zOneシリーズ」が復活します!詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2021年11月以降、耐久性に優れたG'zOneシリーズの20周年記念モデル「G'zOne TYPE-XX」を発売するそうです。


au公式ページにはG'zOne TYPE-XXの特設サイトが早速オープンしており、気になる詳細をちょい見せ中。


カラーバリエーションは「リキッドグリーン」「ソリッドブラック」の2色となる予定です。


発売に寄せて、どのようなコンセプトで開発されたのかが記されています。「個性はそのまま、スペックを一新」という言葉には期待せざるを得ません。


ここでどうしても見逃せないのがG'zOneシリーズの歴史。卵形のロゴだったauブランド発足当時の2000年に初号機となる「G'zOne C303CA」が発売されました。


「学生さんはお金がない」「2位が世界を面白くする」などのCMが世間を賑わせてauの認知が上がってきた2001年に、ドコモのiモードメールを圧倒するezweb@mailに対応したモデルとして登場した「G'zOne C409CA」。


携帯電話でゲームなどをプレイできるEZアプリ対応の「G'zOne C452CA」


シリーズ初の折りたたみモデルとなった「G'zOne TYPE-R」


第3.5世代携帯電話「CDMA 1X WIN」に始めて対応した「G'zOne W42CA」


初のKCP+採用モデル「G'zOne W62CA」


スマホ黎明期の2009年にリリースされた「G'zOne CA002」。この年、発売元のカシオは日立と携帯電話事業を統合し、カシオ日立モバイルコミュニケーションズが生まれました。


10周年記念モデルとなった「G'zOne TYPE-X」はNECカシオモバイルコミュニケーションズが発足した2010年発売。いよいよ来年、auの3Gサービス終了で使えなくなってしまう機種ですが、今なお愛好者がいます。


初のスマホとなった「G'zOne IS11CA(2011年発売)」。車重3.5トンの「HUMMER H1」に踏まれても完全には壊れなかったというエピソード付きです。


最後のモデルとなった「G'z One Type-L CAL21(2012年発売)」は4G LTE対応に。まだまだスマホのスペックが低い時代の製品であったため、製品寿命は「G'zOne TYPE-X」よりも圧倒的に短くかったのが惜しまれる点です。


そして9年の沈黙を破り、いきなり発表された20周年モデル「G'zOne TYPE-XX」。4G LTEガラケーとして発売される予定です。

・関連記事
【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | Buzzap!

今と全く異なる料金プラン、KDDI発足当時のauのカタログがすごい | Buzzap!

国内初のカメラ付き携帯電話・Tu-Kaの「THZ43 キアロ/ラポッシェ」レビュー | Buzzap!

あまりに早すぎた国内初の音楽再生機能付きケータイ「DIVA C404S」レビュー | Buzzap!

とにかく懐かしさがいっぱい、auの「おもいでケータイ タイムトラベル」で遊んできた | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング