廉価版ハイエンドスマホ「Galaxy S21 FE」やっぱり発売か、紆余曲折を経て秒読み段階に



「Galaxy S21」の記録的な販売不振に悩むSamsungが遠からぬうちに投入するとみられていたものの、発売の兆候が消えるなど不穏な空気が漂っていたあのモデルが、やはり発売されるようです。詳細は以下から。

Samsung公式サイトによると、一時期非表示となっていた「Galaxy S21 FE」とみられるモデルのサポートページが復活しています。

SM-G990B/DS | Samsung Support IE


まだ正式な発売日程は明かされていないものの、次期フラッグシップとなる「Galaxy S22」が早ければ2021年12月~2022年1月に発表される可能性があるため、それより前ないし同じタイミングになるとみられます。

ちなみにGalaxy S21 FEは6.4インチフルHD+有機ELディスプレイにSnapdragon 888、3眼カメラ(3200万画素、1200万画素、800万画素)、4370mAhバッテリーなどを備えたモデルとなる見通し。

ただしRAM容量は6GBと少なめで、ところどころコストカットすることで低価格を実現するようです。

・関連記事
「一括1円Galaxy」も夢じゃない「Galaxy A13」登場へ、5000万画素カメラや大容量バッテリー採用で初の超格安5Gスマホに | Buzzap!

折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip 3(本体価格15万円)」が発売早々9万円台に値下げ、回線契約も不要 | Buzzap!

Galaxy S22などへの「Exynos」採用割合をSamsungが大幅引き上げへ、Snapdragon依存から脱却進む | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング