Galaxy S22などへの「Exynos」採用割合をSamsungが大幅引き上げへ、Snapdragon依存から脱却進む



スマホメーカー各社が自社開発のチップセットで差別化を図る時代が、ついに訪れるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungが自社開発のスマホ向けプロセッサ「Exynos」シリーズの採用割合を2022年から大きく引き上げるそうです。

現在Samsungは自社スマホの約20%にExynosを採用していますが、約50~60%にまで引き上げる方針。目標を達成するために製造拠点を拡充し始めたことなどが報じられています。

かつてExynosは処理能力や電力効率、排熱の問題でクアルコムの「Snapdragon」に引けを取ってきましたが、ARM社のCPUコアを採用することでパフォーマンスの大幅な向上に成功。

5G通信や排熱などの問題も解決しており、最新機種「Galaxy S22」向けにAMDとの提携でグラフィック性能を大幅に向上させた「Exynos 2200」の開発にこぎ着けたことで、一気に勝負に打って出るとみられます。

なお、Samsungは将来的にミドルレンジ、エントリーモデルにも自社製チップセットを採用する可能性があるとのこと。背景として半導体不足がこの決定を後押ししたことが挙げられています。

・関連記事
「一括1円Galaxy」も夢じゃない「Galaxy A13」登場へ、5000万画素カメラや大容量バッテリー採用で初の超格安5Gスマホに | Buzzap!

【悲報】ドコモの格安スマホ「Galaxy A22」は各種性能が大きく劣化、画面やカメラ、バッテリーを意識した海外版と全く別物に | Buzzap!

Galaxy S22は「コンパクトな薄型スマホ」に、iPhone 13 Proと同じ画面サイズで本体さらに小型化 | Buzzap!

【注意】折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip3」には「落下カウンター」搭載、初期不良でも保証を受けられない可能性も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング