「iPhone 14 Pro」超快適なサクサク動作か、プロセッサとメモリ大幅刷新でiPhone 14との差別化が顕著に



上位モデルと呼ぶにふさわしい性能になりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、「iPhone 14 Pro」において大幅なパフォーマンスの向上が期待できるそうです。

これは新たに判明したメモリの仕様を受けたもの。iPhone 13は4GBのメモリを備えていましたが、iPhone 14シリーズ全モデルで6GBに増えるほか、iPhone 14 ProやiPhone 14 Pro MAXは8GBになる可能性がある上に、より高速で電力効率の高い最新の「LPDDR5」規格が採用されるとみられています。

また、かねてからお伝えしているようにiPhone 14 Proのみ新型プロセッサ「Apple A16」が搭載されるため、相乗効果で非常に高いパフォーマンスを期待できるとのこと。

一方、無印のiPhone 14はApple A15とLPDDR4Xメモリを備えたiPhone 13とあまり変わらない仕様に。ここまで徹底した差別化がなされてしまうと動作のレスポンスなどにも影響が出るため、iPhone 14 Proの快適さが際立つことになりそうです。

・関連記事
iPhone 14以降は「最新性能が欲しければPro」明確に、ユーザーの負担額さらに増加へ | Buzzap!

「iPhone 14」9月発売でほぼ確定、大量生産に向けた試作始まる | Buzzap!

「iPhone 14 Max」発売延期になる可能性、生産に致命的な遅れか | Buzzap!

Appleを激怒させたBOEが「iPhone 14」向け有機ELディスプレイの注文獲得、ただし数は激減 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング