コナミが新作「幻想水滸伝I&II HDリマスター 門の紋章戦争/デュナン統一戦争」発表、名作RPGが現代ハードでよみがえる



現在開催中の東京ゲームショウ2022で行われた、コナミの新作タイトル発表会の様子をお届けします。詳細は以下から。

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、東京ゲームショウ2022のコナミブースにて新作「幻想水滸伝 I&II HDリマスター 門の紋章戦争/デュナン統一戦争」を発表しました。


1995年に発売されたオリジナル版「幻想水滸伝」のキャラデザを手掛けた河野純子氏が、本作ではすべてのキャラクターを新たに描き下ろし。



顔グラフィック以外にも背景やマップを一新。キャラクターのドット絵はそのままに、新しさと懐かしさを両立。





また新要素として、全体マップ、セリフログ、オートバトルや倍速バトルなどの機能も追加されます。



発表会には、開発陣のほかキャラクターデザインの河野純子氏、そして本作の大ファンという声優の梶裕貴氏が出演。




さらにコナミブースでは本日から「幻想水滸伝」ブースが新設。アクターがゲーム内のキャラクターに扮したミニゲームコーナーもあり、その完成度の高さに会場にも思わず笑いが。



発売決定記念に制作された全108種類の缶バッジセットや設定画など、大充実の展示となっています。








「幻想水滸伝 I&II HDリマスター 門の紋章戦争/デュナン統一戦争」は、PlayStation 4、XBOX ONE、Steam、Nintendo Switch向けに2023年発売予定です。

・関連記事
「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」まとめ、3年ぶりのリアル開催に | Buzzap!

【解説】新型ニンテンドースイッチは2023年前半発売か、次世代機は「プロセッサを刷新しただけ」となる可能性も | Buzzap!

新型PS5「CFI-1200」は消費電力削減、部品大幅見直しでランニングコスト引き下げに成功 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング