電気自動車「Xiaomi Car(仮)」発表間近か、独自開発プロセッサやシステムで低価格を実現へ



格安スマホをはじめ、リーズナブルな家電などでも知られるXiaomi。

開発が進められていた電気自動車が完成間近であることが明らかになりました。詳細は以下から。

確度の高いリーク情報で知られるDigital Chat Station氏の投稿によると、Xiaomiは来年にも電気自動車を発売する計画だそうです。

この電気自動車は、同社が独自開発したプロセッサやシステムを採用するとみられており、年内にもお披露目されるとのこと。

Xiaomiは2021年に電気自動車事業を正式発表してから約110億ドルの投資を行ってきたほか、今年前半には極秘の路上テストがユーザーに撮影されるなど、発売が近いと報じられていました。

さらに、120台以上の駐車スペースを持つ配送センターの開設も計画されており、ユーザーにシームレスに届けられる仕組みを提供するとされています。

独自開発したプロセッサやシステム、配送センターの開設によりコストを削減することで、Teslaなどに対抗する方針のXiaomiの電気自動車。

最先端市場である中国で優位に立つことができれば、培ったノウハウを武器に、日本でも低価格で販売される可能性もありそうです。

・関連記事
電気自動車「Xiaomi Car(仮)」プロジェクトが中国当局の許可下りず白紙か、巨額投資するも年単位の延期へ | Buzzap!

65万円の格安電気自動車「宏光MINI EV」が日本市場へ、社用車や巡回介護車などに低コストで活用も | Buzzap!

電気自動車のバッテリーに新技術、充電時間10分で大幅な小型化など至れり尽くせりの内容に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品(PR)