【朗報】Pixel 9「発熱なしの高性能スマホ」に進化か、消費電力も改善など「Tensor G4」大きく刷新へ


マイナーチェンジにとどまるため見送ったほうが良いと思われていた「Pixel 9」の評価が大きく変わりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Pixel 9およびPixel 9 Proに搭載される最新プロセッサ「Tensor G4」に、新たな半導体パッケージング技術「FOWLP」が採用されるそうです。

FOWLPはSamsungがGalaxy S24向けの最新プロセッサ「Exynos 2400」で初めて実装した技術。発熱を抑えつつ処理能力を引き出すことができます。

さらに同社最新の4nmプロセス「4LPP+」で製造されることでエネルギー効率が上がるため、消費電力も改善されます。

Snapdragon 8 Gen 3を処理能力と発熱の低さで上回ったExynos 2400と同じ技術を採用することになるTensor G4。

どれほどの処理能力を実現するのかが気になるところですが、今までのPixelシリーズにあった「発熱しやすい」というイメージを拭い去ることができるだけでも、かなりの進化ではないでしょうか。

・関連記事
「Pixel Fold 2」はPixel 9と同時発売か、Tensor G4や16GBメモリ、超高速ストレージ搭載で『いきなり型落ち性能』回避へ | Buzzap!

【悲報】廉価版「Pixel 8a」大幅値上げへ、Tensor G3搭載で一気に高性能化も『格安スマホ』からどんどん遠ざかる形に | Buzzap!

【発熱問題】Pixel 6 Proついに集団訴訟に、Googleが「不具合を把握の上で販売した」と糾弾される | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]