コーネリアス小山田圭吾の「障がい者いじめ」告白が物議、東京オリパラ開会式楽曲担当で再度脚光を浴びてしまう

いじめは、いじめた側にとってはヤンチャな武勇伝でも、いじめられた側にとっては一生残る傷となる可能性のあるもの。 そうしたいじめを音楽雑誌で詳しく語って聞かせていた「コーネリアス」の小山田圭吾さんが「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の開会式の演出を担当することになり、過去の発言に再び注目が集まっています。  … 続きを読む

いじめ防止授業での「この中にも同性愛者がいる」発言は本当に「配慮を欠いた」「いじめ助長」発言なのか

セクシャルマイノリティが「身近にいる」事は厳然たる事実。それを「子供には分からない」と覆い隠す事は正しいのでしょうか。詳細は以下から。  … 続きを読む

この上なく黒い肌を持つ19歳セネガル人女性、いじめを乗り越え「メラニンの女神」として大人気モデルに

いじめの「原因」となった短所をそのまま長所として彼女は大きく羽ばたきました。詳細は以下から。  … 続きを読む

いじめの加害者は健やかに成長し、心疾患やメタボにもなりにくいことが明らかに

学校などでのいじめがニュース沙汰にまで発展することが時折ありますが、加害者側は将来、健康的な生活を送ることができることが明らかになりました。まさに「憎まれっ子世にはばかる」を地でいくような調査結果ですが、いじめられた側への影響も判明しています。  … 続きを読む