「6本の蛇の足を持つ蜘蛛型ロボット」という黙示録的な怪物が誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に不気味で驚異的なロボットが開発されています。詳細は以下から。

これまでもBUZZAP!はボストン・ダイナミクス社を中心としたロボットの記事を掲載してきましたが、6本の蛇の足を持つ蜘蛛を型どったロボット、という聖書に出てくる怪物を思わせるロボットが開発されました。かなり不気味です。

このロボット「Snake Monster」はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学Biorobotics Labがアメリカ国防総省の軍隊使用のための新技術開発および研究を行う機関、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)からの資金援助を受けて開発したもの。

DARPAといえばGoogleが買収したことでも話題となったボストン・ダイナミクス社のBig DogやWild Catなどの不気味なロボットの開発にも資金援助をしていた組織です。

Googleが買収したロボット会社、ボストン・ダイナミクスとは? BUZZAP!(バザップ!)

このSnake Monsterは見た目は蛇というよりも蜘蛛なのですが、その6本の足に使われているのが同社が以前に開発したModsnakeというヘビ型ロボットのメカニズム。

Modsnake 6 Inch Step Stair Climb – YouTube

この蛇もずいぶん不気味ですが、Snake Monsterはその蛇の各連結部の弾性のある駆動装置が位置と速度を同時にトルク制御することで、6本の足を用いて交互に三点歩行を行って対応力に富んだ動きをすることができます。

どういうことかというと、押されても引っ張られても抑えつけられても、蹴りを入れられてもその衝撃に対応して体勢を保ち続けるということ。動画で見てみると非常によく分かります。

Snake Monster – Initial Locomotion – YouTube

これ自体はまだ不気味というだけで済むかもしれませんが、こうしたメカニズムが応用され、柔軟性と堅固さを兼ね備えたハードウェアが存在するということは、最近話題となるシンギュラリティの問題を考えると薄ら寒いものがあります。

This Hexapod’s Appendages Are Made From Robotic Snakes

・関連記事
Googleが買収したロボット会社、ボストン・ダイナミクスとは? BUZZAP!(バザップ!)

アメリカ海軍に配備された最新レーザー兵器が完全にテレビゲームの世界に BUZZAP!(バザップ!)

ついにジャンプ機能搭載の四足歩行ロボットが登場、マサチューセッツ工科大学が開発 BUZZAP!(バザップ!)

逃げられない!時速26kmで自由に走り回れる恐怖の四足歩行ロボットをボストンダイナミクスが作成 BUZZAP!(バザップ!)

頭で考えるだけで小型無人ヘリを操縦できる技術をミネソタ大学が開発 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加