NTTドコモがまたしても純減、携帯各社で1人負けに

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 5発売を受け、2012年11月に過去最悪となる純減を記録したNTTドコモがまたしても純減に陥ったことが明らかになりました。



契約数月次データ : 携帯電話等契約数 | 企業情報 | NTTドコモ

NTTドコモの契約者情報によると、同社の2013年1月度の新規契約数はマイナス1万2900の純減を記録。過去4番目の純減数となっています。


・NTTドコモの純減記録
2013年1月(1万2900件)
2012年11月(4万800件)
2007年8月(2万2900件)
2006年11月(1万7500件)

携帯電話契約の内訳。プリペイド契約(3700件)、フィーチャーフォンのiモードとスマートフォンのspモードを合算した契約数(15万7000件)がマイナスとなる中、自販機の通信などの機器に組み込まれる通信モジュールサービスのみが3万9700件の純増という形に。


これはiモードに対応したフィーチャーフォン(75万2300件)が解約され、大半は同社のスマートフォンに移ったものの、それでも差し引き15万7000件が減ってしまったことを指し、減少分を通信モジュールや「キッズケータイ HW-02C」などのiモード/spモード非対応端末が補ったものの、最終的に1万2900件のマイナスになったことになります。

「Xperia AX」や「AQUOS Phone ZETA」が一定の効果を現したものの、まだまだ足りないと思われる「対iPhone」の要。

「Xperia Z」などの人気モデルを含む12機種を2013年春商戦に投入し、国内最速となる150MbpsのLTE(Xi)に着手するなど、展開を早めるNTTドコモですが、親会社のNTTから促されつつあるiPhoneの採用を含めて、今後どうなるのかを見守りたいところです。



・関連記事
ついにNTT本体がドコモにiPhone取り扱いを要求し始める | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE(Xi)を150Mbpsに増速へ、「AQUOS PHONE ZETA」「Xperia AX」が対iPhoneで存在感を発揮 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad mini 2(仮)」向け液晶が製造開始、Retina DisplayやA5Xプロセッサ搭載か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがスマフォで「H.265/HEVC」を再生可能に、動画の高画質化やネットワーク負荷軽減も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加