「HTC J One HTL22」速攻レビュー、音・カメラ・ボディの質感が文句無しの出来栄えに

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIとタッグを組んでハイスペックなスマートフォンを提供し続けるHTC。

NTTドコモやソフトバンクモバイルに先駆けて、国内最高スペックをいち早く実現した「HTC J butterfly HTL21」を昨年冬にリリースしたことは記憶に新しいですが、最新スマートフォン「HTC One」が「HTC J One HTL22」としてKDDIの2013年夏モデルにラインナップされました。



「HTC J One HTL22」本体。Butterflyなどよりも一回り小さい4.7インチフルHD(1920×1080、468ppi)液晶、クアルコムの第5世代Snapdragon600「APQ8064T(1.7GHz、クアッドコア)」、88度の超広角フロントカメラ(210万画素)を搭載。画面にはキズに強い「Infinity Glass」を採用したフルメタルボディモデルです。


背面にはF値2.0の28mmレンズを備え、従来の3倍光を取り込めるようになったほか、専用の画像処理回路「HTC ImageChip」と組み合わせることで、さらに暗いところでもキレイに撮影できるようになった「UltraPixelカメラ」を搭載。バッテリーはビルトインタイプで、最近のスマートフォンとしては普通程度となる2300mAhです。






ステレオスピーカー。上下に内蔵アンプを搭載することで歪みの少ない、よりクリアで大きな音を実現するほか、Beats Audio社のオーディオテクノロジーによって力強いサウンドを実現。2つのマイクを用いて騒音環境下でも快適に通話できる「Sence Voice」と合わせ、これらの機能は「HTC BoomSound」と呼ばれています。



カラーバリエーションは2色



カメラの感度が秀逸、HTC J One HTL22をざっと触ってみた - YouTube


・HTC J One HTL22(HTC製)
ディスプレイ:約4.7インチフルHD(1920×1080)液晶
CPU:Snapdragon 600「APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)」
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:400万画素(UltraPixel)
フロントカメラ:210万画素
国内向け機能:ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信
防水・防塵:非対応
バッテリー容量:2300mAh
OS:Android 4.1
発売日:6月下旬以降

KDDIの公式ページは以下。

au SUMMER SELECTION 2013|au

・次の記事
HTC J Oneをリモート操作できる子機「HTC One mini」やフルセグチューナーなど、アクセサリいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC J One HTL22」動画レビュー、機能が充実したカメラや高音質スピーカーを試してみた | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
KDDIがiPhone 5向けLTE基地局を下り最大112.5Mbpsに増速へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIも通話中データ通信対応か、CDMA2000を捨ててLTEに特化した携帯電話が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが通話やデータ通信の品質向上へ、「エリア品質情報送信機能」を提供開始 | BUZZAP!(バザップ!)

【2013年版】UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G・4G LTE徹底比較、本当に選ぶべきはどれなのか | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがJ:COM獲得でCATVシェア5割に、いったい何が期待できるのか | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXとauの3G対応の新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX」登場、通信量無制限と広いカバーエリアのいいとこ取りに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加