HTC J Oneをリモート操作できる子機「HTC One mini」やフルセグチューナーなど、アクセサリいろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加



速攻レビュー動画レビューで「HTC J One HTL22」の魅力をお伝えしてきましたが、同モデルのもう一つの魅力は充実したアクセサリたち。

なんと専用子機やフルセグチューナーに加え、バッテリーなども提供されます。



これがHTC J One専用子機「HTC One mini」。HTC J Oneと連携するBluetoothハンドセットで、2004年に鳥取三洋が開発したフィーチャーフォン「talby(A5508SA)」ライクなデザインを採用。価格は9800円です。


背面


NFCに対応しています。


発着信だけでなく、本体に届いたSMSや予定などを参照可能。



なかなか便利なのが「自分の電話を探す」という機能。部屋のどこにHTC J Oneを置いたのかが分からなくなった場合に使うと、本体が鳴って場所が分かるというものです。


「HTC J One」を子機「HTC One mini」で探してみた - YouTube


ほかにも集合写真を撮影する時などにリモコンシャッターとして利用できる機能や、音楽鑑賞の際に音量を調節できる機能などもあります。




HTC One miniを使ってHTC J Oneでリモート写真撮影 - YouTube


HTC One miniを使ってHTC J Oneで音楽鑑賞 - YouTube


こちらはHTC J Oneや2013年夏モデル向けに提供される予定のフルセグチューナー


SIMカードサイズのmini B-CASカードを挿入し、Wi-Fiでスマートフォン本体と接続する仕組みです。



ほかにもさまざまなアクセサリが提供される予定。


ハードカバー「HTC J One Hard Shell Double Dip Flip」は3675円。



このように立て掛けることもできます。


2011年春モデルとして登場した「HTC EVO WiMAX」ライクなハードカバー「HTC J One Hard Shell with Kickstand」も3675円。



オシャレなデザインを採用した外付けバッテリー「HTC Battery Bar(6000mAh)」は9000円。かなり割高ですが、デザインを重視したい人向けです。





なお、これらのアイテムはauショップ、auオンラインショップ、au Brand Garden、KDDI デザイニングスタジオ、au NAGOYA、au OSAKAで販売予定となっています。

・HTC J One HTL22(HTC製)
ディスプレイ:約4.7インチフルHD(1920×1080)液晶
CPU:Snapdragon 600「APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)」
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:400万画素(UltraPixel)
フロントカメラ:210万画素
国内向け機能:ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信
防水・防塵:非対応
バッテリー容量:2300mAh
OS:Android 4.1
発売日:6月下旬以降

KDDIの公式ページは以下。

au SUMMER SELECTION 2013|au


・関連記事
KDDIがiPhone 5向けLTE基地局を下り最大112.5Mbpsに増速へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIも通話中データ通信対応か、CDMA2000を捨ててLTEに特化した携帯電話が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが通話やデータ通信の品質向上へ、「エリア品質情報送信機能」を提供開始 | BUZZAP!(バザップ!)

【2013年版】UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G・4G LTE徹底比較、本当に選ぶべきはどれなのか | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがJ:COM獲得でCATVシェア5割に、いったい何が期待できるのか | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXとauの3G対応の新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX」登場、通信量無制限と広いカバーエリアのいいとこ取りに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加