NTTドコモが国内初の完全定額通話導入へ、長期利用者向けパケット割引やデータ通信のシェアも

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが2014年夏モデル発売に合わせ、料金プランに大幅なテコ入れを行うことが明らかになりました。

ドコモ、データ通信に家族割 スマホ新料金プラン  :日本経済新聞

ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へ:朝日新聞デジタル

日本経済新聞社および朝日新聞社の報道によると、NTTドコモは6月1日から新料金プランを導入するそうです。まず携帯各社で初となる、他社携帯や固定電話への完全定額制を導入。月額2700円程度で国内通話が話し放題になるとのこと。

また、パケット定額プランにも手を加え、家族がデータ通信の容量を分け合える仕組みを新たに導入。

月間10GBのデータ通信であれば1万円弱になり、4人家族であれば1人あたり2500円程度(現行では「Xiパケ・ホーダイライト」契約で1人あたり4700円)で通信できるため、上記の完全通話定額と合わせて1人6000円弱にまで利用料金が下がる計算になります。

なお、パケット定額については用途に応じて、複数の通信量に対応したプランを提供。家族に若者がいたり、契約期間が長い場合はさらに割り引く予定で、ようやくパケット料金に長期割引が導入される形になります。

「5分以内」「10分以内」など時間を区切った通話定額と、オプション契約無しでは事実上青天井となるパケット定額を組み合わせた新料金プラン「スマ放題」を打ち出したソフトバンクに対し、完全定額制と長期利用者向けパケット割引を打ち出したNTTドコモ。

「さて、そろそろ反撃してもいいですか?」というキャッチフレーズと共に「DoCoMo 2.0」を掲げてから7年、ようやく本当の意味での「反撃」を開始するという印象を受けますが、正式発表されるであろう夏モデル発表会が待たれるところです。

・関連記事
NTTドコモがLTEエリアを3Gと同水準にまで拡大へ、auも基地局6割増しに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの新定額プランは「スマ放題」に、一部改定もパケット代青天井は維持 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が年内に「LTE-Advanced」「VoLTE」開始へ、新定額サービスも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加