ソフトバンク新機種「AQUOS Xx 304SH」発表、ついに「AQUOS Phone」などの区別が無くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加



夏モデル発表会を行わないことを告知していたソフトバンクモバイルが、予告通り発表会を通さない形で2014年夏モデル「AQUOS Xx 304SH」を発表しました。また、従来の「AQUOS Phone」でなく「AQUOS」と表記されるようになっています。

これが2014年5月下旬以降に発売される「AQUOS Xx 304SH」。Snapdragon 801(MSM8974AB、2.3GHzクアッドコア)、2GB RAM搭載。ディスプレイは3方向狭額縁設計「EDGEST」の5.2インチフルHD(1920×1080)のIGZO液晶で、優れた省電力化を実現するPureLEDを採用。メタルフレームを取り入れています。


カラーバリエーションは4色。2600mAhのバッテリーと省電力画面で3日間以上の駆動時間を実現したほか、背面にはF値(絞り値)1.9のレンズ採用の1310万画素の裏面照射型CMOSカメラ搭載。英語の文章や単語にカメラをかざすと、日本語に変換して表示できる「翻訳ファインダー」や、中国語と韓国語を日本語に変換できる「かざして翻訳」、「検索ファインダー」にも対応しています。


ほかにもIPX5/IPX7相当の防水機能やフルセグ、おサイフケータイ、赤外線通信にも対応するなど、日本人向けの機能を備えたほか、2014年5月1日から発売日前日までに予約し、6月8日までに購入したユーザー全員に、Google Playで5000円分のアプリやコンテンツを購入できるコードをプレゼントするキャンペーンも実施されます。

・関連記事
ワイモバイルは新モデル発表会を実施するのか、さっそく問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが2014年夏モデル発表会を見送りへ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「プラチナLTE」はスタートしたのかを問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】ドコモ新プランの影響でソフトバンクが「スマ放題」提供延期、内容変更も検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

新携帯電話会社「ワイモバイル(Y!mobile)」設立へ、イー・アクセス株をヤフーが取得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加