破格の99ドルスマホ「ZTE Speed」発表、驚くべきコストパフォーマンスに



携帯電話会社との年間契約を必要とせず、わずか99ドルで購入できるというスマートフォンが発表されました。超低価格であるにもかかわらず、驚くほど性能が充実しています。

これが新たに発表された「ZTE Speed」。外見は至って普通のスマートフォンです。



しかしZTE Speedの驚くべき点は、携帯電話会社との年間契約不要で99ドルという低価格を実現したというところ。アメリカのプリペイドキャリア「Boost Mobile」向けのモデルであるため、一般的な携帯電話のような2年縛りなどは一切ありません。

また、以下に列挙するように、性能面でも現在2~3万円程度で販売されている格安スマホと遜色なく、コストパフォーマンスは圧倒的です。

・4.5インチ液晶
・Snapdragon 410(1.2GHz、クアッドコア)
・1GB RAM、8GB ROM
・3Gおよび4G対応
・HD Voice(3Gで高音質通話が可能になる技術)対応
・200万画素前面カメラ、LTEフラッシュ付き500万画素背面カメラ
・Bluetooth 4.0
・ピュアなAndroid 4.4
・microSDスロット搭載


快進撃を進める中国メーカー勢の最大の武器である低価格攻勢の象徴と言っても過言では無さそうな「ZTE Speed」。今後LenovoやHuawei、Xiaomiといったメーカーが追従すると思われますが、1万円程度のモデルが主戦場となるのでしょうか。

New ZTE Speed Phone Could Be the Most Impressive Last Minute Gift That Won’t Cost You | Business Wire

・関連記事
格安スマホさらに進化へ、1万円台・フルHD液晶搭載が当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

ありえない安さ、60ドルを切る超低価格Windowsタブレットが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

Huaweiが新プロセッサ「Kirin 620」発表、格安スマホがさらに高性能に | BUZZAP!(バザップ!)

モバイルで大赤字のIntel、タブレットへの補助金を継続へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング