「Snapdragon 820」のヒントも、未発表の新型プロセッサ「Snapdragon 620」の情報流出か

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ向けプロセッサとして数多くの採用実績がある「Snapdragon」シリーズの最新モデル「Snapdragon 820」「Snapdragon 620」の詳細を紐解く鍵になるかもしれない情報が流出しました。

中国メディアの報道によると、クアルコムはミドルレンジスマホ用CPU「Snapdragon 600」シリーズの最新モデルとして「Snapdragon 620(MSM8976)」「Snapdragon 618(MSM8956)」を提供する見込みだそうです。

いずれのモデルもCPUに先日発表された「ARM Cortex-A72(1.8GHz)」を採用。620はクアッドコア、618はデュアルコアで、「ARM Cortex-A57(1.2GHz、クアッドコア)」を組み合わせた構成に。必要に応じて使い分け、消費電力とパフォーマンスを両立させます。

これが今回流出したとされる「Snapdragon 620」「Snapdragon 618」の詳細。GPUに4K、120fpsの動画再生・録画を実現する「ARM Mali-T880」ではなく「Adreno 510」を採用し、WQXGA(2560×1600)・60fpsのUIを処理可能に。下り最大300Mbpsを実現するカテゴリー6(キャリアアグリゲーション対応)のLTEをサポートします。


あくまで確定情報ではなく、参考程度にとどめる必要があるとはいえ、やけに具体的な内容であるだけに、それなりの信頼性があるように思えるSnapdragon 620、618の情報。

ミドルレンジ向けプロセッサに超高性能なARM Cortex-A72が採用される場合、最上位モデル「Snapdragon 800」シリーズの次世代版「Snapdragon 820」「Snapdragon 815」にはA72の最大クロック版(2.5GHz)搭載や、ARM Mali-T880に準ずる非常に高いGPU性能(4K・120fps対応や据置ゲーム機並みのグラフィック)などが実現すると考えられるため、続報が待たれます。

Rumors: Qualcomm Snapdragon 620 and 618 to use Cortex A72 cores - GizmoChina - China Phones, Tablets , Gadgets News And Review

・関連記事
Xperia Z4の今年後半発売、Snapdragon 810搭載確定 | BUZZAP!(バザップ!)

超ハイエンドスマホ向け新型プロセッサ「ARM Cortex-A72」発表、処理能力3.5倍・消費電力75%削減 | BUZZAP!(バザップ!)

4Kディスプレイや2000万画素カメラが当たり前に、2015年はスマホの高性能化競争再燃へ | BUZZAP!(バザップ!)

「Snapdragon 810」は発熱問題が深刻、期待のハイエンドスマホ向け新型プロセッサに暗雲 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加