KDDIがSIMロック解除サービスを5月以降に開始へ



ついにKDDIがSIMロック解除サービスを提供することになりました。詳細は以下から。

SIMロック解除の開始について | 2015年 | KDDI株式会社

KDDIのプレスリリースによると、同社は2015年5月以降、新たに発売するスマートフォン、タブレットなどのau携帯端末に原則SIMロック解除の機能を搭載するそうです。

SIMロック解除はユーザーが購入した日から180日経過した対象端末であれば、KDDI公式サイトおよびauショップで申し込み可能に。なお、解除手数料は公式サイトからの申し込みであれば無料、auショップでは3000円が必要となります。

また、SIMロックが解除された携帯端末に他社のSIMカードを挿入して利用する場合、利用できるサービスや機能などが制限される場合がある点に注意が必要。

そのためSIMロック解除を希望するユーザーに対しては、注意事項に同意を求めた上で解除を行うとしています。

・追記
KDDIの広報に確認したところ、SIMロック解除サービスは「5月以降に発売される機種に対してSIMロック解除機能を提供する」という総務省のガイドラインに沿って提供されるものとのこと。

つまり基本的にiPhoneやAndroid問わず対象になると考えて良さそうです。

・関連記事
ドコモが解約金大幅増の「端末購入サポート」対象期間を12ヶ月に延長、実質14ヶ月縛りに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが解約金を5~6万円台に大幅引き上げ、縛り期間も延長 | BUZZAP!(バザップ!)

解約金5万円台も、ドコモの「端末購入サポート」対象機種が続々拡大中 | BUZZAP!(バザップ!)

【要注意】ドコモやソフトバンク、いまだにパケ死を招く「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング