破産一歩手前の会社も、快進撃を続けてきた中国のスマホメーカーに容赦ない淘汰の波



コスパの高さに定評ある中国のスマホメーカーの間に、ついに淘汰の波が押し寄せています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、スマホの需要に頭打ちの兆しが見られる中、中国のスマホメーカーに興味深い動きが見られることを部品メーカー関係者が明かしたそうです。

これはHuawei、Xiaomi、Oppo、Vivoといったトップクラスのスマホメーカーが、比較的小規模のメーカーのシェアを食う形が顕著となっていることを受けたもので、2018年第1四半期に中国市場で60%を超えるシェアを獲得するなど寡占が進んでいるとのこと。

具体的には2016年のスマホ販売台数ランキングで10位に届かなかったメーカーが厳しい状況となっており、「LeEco」はすでに破綻。Meizuも従業員600人を解雇し、「Meizu」「Meilan」ブランドを統合したとされています。


また、現時点で生き残っているメーカーの中ではGioneeが危機的な状況にあり、スマホ出荷台数が四半期で100万台を下回る事態に。

もはや急ブレーキと言えるほどの低迷っぷりで、「(不払いが起きかねないので)受注を受けるかどうか厳格に検討する必要がある」と部品メーカー関係者が述べるほどの状況です。

なお、これらのメーカーのシェアを食う形となったXiaomi、Oppo、Vivoは出荷の勢いが増しており、Oppoに至っては初の出荷台数1億台超えが見えてきているとされています。

・関連記事
理不尽なほど安い格安スマホ「Huawei Honor 10」速攻レビュー、P20と同性能でありえない価格設定に | BUZZAP!(バザップ!)

中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

AppleがiPhoneに「中国産フラッシュメモリ」採用か | BUZZAP!(バザップ!)

ついにソニーすら圏外、スマホ世界シェアトップ10のうち7社が中国メーカーに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、8GBメモリ搭載で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  2. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  3. 超格安ハイエンドスマホ「moto S30 Pro」登場、わずか4万円で144Hz有機ELや5000万画素3眼カメラ、立体音響に超急速充電など充実の性能に
  4. povo 2.0が無料のデータトッピング配布へ、ただし「URL付きの偽メール」に要注意
  5. 大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング