破産一歩手前の会社も、快進撃を続けてきた中国のスマホメーカーに容赦ない淘汰の波



コスパの高さに定評ある中国のスマホメーカーの間に、ついに淘汰の波が押し寄せています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、スマホの需要に頭打ちの兆しが見られる中、中国のスマホメーカーに興味深い動きが見られることを部品メーカー関係者が明かしたそうです。

これはHuawei、Xiaomi、Oppo、Vivoといったトップクラスのスマホメーカーが、比較的小規模のメーカーのシェアを食う形が顕著となっていることを受けたもので、2018年第1四半期に中国市場で60%を超えるシェアを獲得するなど寡占が進んでいるとのこと。

具体的には2016年のスマホ販売台数ランキングで10位に届かなかったメーカーが厳しい状況となっており、「LeEco」はすでに破綻。Meizuも従業員600人を解雇し、「Meizu」「Meilan」ブランドを統合したとされています。


また、現時点で生き残っているメーカーの中ではGioneeが危機的な状況にあり、スマホ出荷台数が四半期で100万台を下回る事態に。

もはや急ブレーキと言えるほどの低迷っぷりで、「(不払いが起きかねないので)受注を受けるかどうか厳格に検討する必要がある」と部品メーカー関係者が述べるほどの状況です。

なお、これらのメーカーのシェアを食う形となったXiaomi、Oppo、Vivoは出荷の勢いが増しており、Oppoに至っては初の出荷台数1億台超えが見えてきているとされています。

・関連記事
理不尽なほど安い格安スマホ「Huawei Honor 10」速攻レビュー、P20と同性能でありえない価格設定に | BUZZAP!(バザップ!)

中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

AppleがiPhoneに「中国産フラッシュメモリ」採用か | BUZZAP!(バザップ!)

ついにソニーすら圏外、スマホ世界シェアトップ10のうち7社が中国メーカーに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に

モバイルに関連した楽天商品ランキング