【動画】この700万年で私たちの祖先はいかにして現生人類に進化したのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



チンパンジーと別れた私たちの祖先はどのようにして今の私たちになったのでしょうか?詳細は以下から。

霊長類のヒト科に属するほ乳類である現生人類。約25万年前に現れて現代に至っていると考えられているホモ・サピエンスは現在地上に存在する唯一の人類です。

そんな現生人類に至るにはもちろん長い進化の歴史があり、その中で多くの種族が誕生し、滅んでいきました。

猿人と呼ばれるアウストラロピテクスから初めて道具を使ったとされる原人のホモ・ハビリス、火を使い完全な直立二足歩行を行ったホモ・エレクトゥス、現生人類との混血も行われていたネアンデルタール人などがよく知られています。

アメリカ自然史博物館は人類の祖先がチンパンジーから別れたとされる700万年前から現代までの人類の進化と分布をこれまでアフリカを中心に発掘された化石を元に、6分間の動画を製作しています。


私たちの祖先がアフリカで生まれ、数百万年の時を経る中で様々に分岐し、滅び、新しい種族が誕生していく様子が克明にヴィジュアライズされています。

特に最後の場面での私たちホモ・サピエンスが急速に世界中に広がっていく様子に驚かされるのではないでしょうか?

交雑する人類―古代DNAが解き明かす新サピエンス史
デイヴィッド・ライク
NHK出版
売り上げランキング: 7,862

星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 2,616

・関連記事
現生人類、過去に4種類以上のヒト属と異種交配していたことが遺伝子から明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

チリのピラミッドの地下30mから15000年前の人類の生活と文化の痕跡が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

13000年前の寺院「ギョベクリ・テペ」から発見された石版から古代の彗星群の記述が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

新石器時代に起こった人口激減の前兆が特定される→現代も同様の前兆が発生中だった | BUZZAP!(バザップ!)

人類最古の洞窟壁画を描いたアーティストの多くは実は女性だったと判明 | BUZZAP!(バザップ!)

この6000年で都市文明はどのように地上に広がっていったのか200秒で分かる動画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加