マクドナルドがヴィーガン向け「マックプラント」発売へ、植物由来の代替肉を使用

このエントリーをはてなブックマークに追加



肉を食べないベジタリアンやヴィーガンの増加に対応し、世界一のファストフードチェーンが植物由来の代替肉を用いた商品を開発します。詳細は以下から。

米マクドナルドが11月9日、植物由来の代替肉を使った新しいハンバーガー「マックプラント(McPlant)」を発売することが明らかになりました。マックプラントは2021年に、一部の市場に投入されるとのこと。

同社はすでに代替肉の製造・販売を手がけるビヨンド・ミート社と協力して植物由来の代替肉をパティに用いたハンバーガーを試験的に販売していました。

加えてチキンを使った商品や「ベーコンエッグマックサンド」などに代わる植物由来の代替肉を使った商品も検討中とのこと。昨今の健康志向に応え、様々なタイプの新商品が生まれることになりそうです。

なお、宗教上の理由から世界最大のヴィーガン人口を擁するインドでは以前からヴィーガンタイプのハンバーガーがレギュラーメニューとして販売され続けてきました

例えばこちらはマックアルーティッカ・バーガー。コロッケに似たベジタリアンカツレツにスパイシーなソースがかかっています。袋には緑の丸のベジタリアンマークが付いています。



こちらはマックベジ・バーガー。カツレツはアルーティッカと同じもの。レタスと少し酸味のあるドレッシング風のソースでよりマイルドに仕上がっています。



いずれもインドらしいマサラの風味を楽しめるもので、肉を使っていなくともしっかり満足のできるものでした。

マックプラントがどのような味に仕上げられるのか、そして日本上陸はあるのかなど楽しみな展開が期待できそうです。

・関連記事
【印度通信 Vol.21】インドのマクドナルドはやはりマサラ味なのか?実際に食べてみました | Buzzap!

100%植物性で味も匂いも食感も肉そっくりな「ヴィーガンステーキ」が開発される | Buzzap!

【朗報】マックフライポテトの揚げ油に使われていた物質、ハゲ治療にブレイクスルーをもたらす | Buzzap!

ベジタリアンより肉を食べる人の方が精神的に健康という研究結果 | Buzzap!

【動画】マクドナルド初のテレビCM(1963年)がいろいろ衝撃的すぎる | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

グルメに関連した楽天商品ランキング