コンドームが肺から摘出、結核疑いで検査の27歳女性

このエントリーをはてなブックマークに追加



肺に大きなダメージを与え、今も多くの人を死に至らしめる深刻な病気が結核です。

ですが、その疑いで検査をした女性の肺から見つかったのはまったく別のものだったのです。いったい何がどうなったのか、詳細は以下から。

National Library of Medicine」への症例報告によると、患者となった27歳の女性はせきと発熱、そしてねばついた鼻水の症状が6ヶ月に及んだため病院を訪れました。

それまでの4ヶ月間、女性は抗生物質と抗結核薬を処方されていたものの、症状はまったく改善されませんでした。

医師は唾液で結核検査をしたものの結果は陰性。ですがその後の胸部X線写真で肺の右上葉に不均一な病変が見つかりました。


さらに気管支内視鏡で調べると、気管支に「袋状の物体」を発見。医師らが取り除くと、バラバラになったそれはどうみてもコンドームだったのです。

医師らは当時の状況を女性に質問し、以下のように報告しています。

夫婦は過去を振り返り、オーラルセックスを行っていたことを認めました。彼らはその最中にコンドームが緩んだこと、また女性がくしゃみやせきをしていたことも思い出しました。

また症例報告で医師らは、コンドームは柔らかく弾力性があるため直接肺を傷つけなかった一方、分泌物の増加や感染症を引き起こしたと指摘。


女性は回復傾向にあるものの、全部の破片は取りきれず、再度の治療を要する可能性もあると報告しています。

性行為の際、事のはじめからのコンドーム着用が推奨されていますが、途中で紛失したら行方をしっかり確かめた方がよさそうです。

・関連記事
6歳で鼻に突っ込んだまま忘れてた硬貨、53年後に発見されて摘出→積年の鼻詰まりが無事解消 | Buzzap!

カラオケで熱唱し過ぎた65歳男性が救急救命室送り、高音の歌を10曲連続で気胸に | Buzzap!

【動画あり】息子を脱獄させるためにトンネルを人力で掘り続けた51歳の母親、土を3トン掘り出したところで逮捕 | Buzzap!

記憶喪失の57歳男性、「新型コロナ」で30年ぶりに記憶を取り戻す | Buzzap!

自然の中で泥だらけで遊んでいる子供は1ヶ月以内に免疫力アップ、フィンランドの研究で明らかに | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング