通天閣に全長60mの巨大滑り台「TOWER SLIDER」誕生…ただし料金は1回1000円



値段設定が完全にツッコミ待ちです。周囲の串カツ屋との戦いに勝てるのでしょうか…。詳細は以下から。

大阪・新世界の通天閣を運営する通天閣観光が、展望台と地下を結ぶ全長約60mの巨大滑り台を新設するそうです。オープンは2022年5月の大型連休を予定しているとのこと。


この滑り台「TOWER SLIDER」は通天閣3階の中間展望台から東側のエレベーター塔の周りをらせん状に1回転半し、地下1階までの60m、高低差26.5mを10秒ほどかけて滑り降りるというもの。


タワースライダーは天井部分が透明なチューブ状で、滑りながら通天閣を見上げられます。利用できるのは身長1m20cm以上。

担当者は「コロナ禍で離れた観光客を呼び戻し、地域ににぎわいを生み出したい」と話していますが、問題は料金です。

タワースライダーの料金は1回1000円。通天閣周辺の新世界は串カツ屋で有名ですが、1000円というのは店によっては60分の飲み放題や食べ放題が楽しめてしまう値段


10秒間の滑り台が同じ値段での食い倒れ、飲み倒れと勝負できるのか、注目せずにはいられないところです。

・関連記事
大阪メトロに自動運転対応の次世代車両「400系」導入へ、万博用の「30000A系」も | Buzzap!

どう見てもパチンコ屋、大阪のド派手な激安スーパー「スーパー玉出」はこんな感じ | Buzzap!

30円でジュースを買える大阪の超激安自販機「おいなはれ」の魅力 | BUZZAP!(バザップ!)

手描き看板に絶妙な味がある大阪・新世界の映画館「新世界国際劇場」が復活していた | BUZZAP!(バザップ!)

「K2レコード日本橋店」が閉店、大阪の最強音楽CDレンタルサービスが消滅へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品(PR)