実は全く売れていないPixel、Galaxyに追い付くには60年かかる計算に



Google独自の技術を詰め込んだオリジナルスマホ「Pixel」シリーズ。

シリーズ最新となる「Pixel 7」発表直前に、興味深いデータが明らかになりました。詳細は以下から。

ロイター通信社の記者、Vlad Savov氏が調査会社「IDC」のデータを元にしたツイートによると、2016年に第1弾が発売されたPixelシリーズの6年間の累計販売台数は2760万台にとどまるそうです。

これはSamsungが2021年に売り上げたスマホの10分1にあたる数字。Savov氏は「Pixelシリーズの販売台数がGalaxyに追い付くには60年かかる」とコメントしています。


ちなみに昨年携帯電話事業からの撤退を表明したLGが2020年に販売したスマホは約2500万台。

「6年間で2760万台」という数字がどれだけ少ないのか、うかがい知ることができるのではないでしょうか。

・関連記事
【独自】au「Pixel 7 Pro」発売か、ソフトバンクの独占崩れる可能性 | Buzzap!

【特報】au「Pixel 6a」一括1円で叩き売り、発売2ヶ月の最新スマホが回線契約なしでも大幅割引 | Buzzap!

「Pixel 7 Pro」は5倍光学ズームに新カメラモードや顔認証も搭載か、シリーズの完成形に | Buzzap!

「Pixel Tablet」まもなく登場か、Tensor採用で高性能な格安タブレットになる可能性も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング