「折りたたみiPad」がiPhoneより先に製品化へ、20インチの超大画面も視野に



「いつでもどこでも手軽に持ち運べて、必要に応じて超大画面で使える」

そんなiPadの開発が進められています。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは2024年にも「折りたたみ式のiPad」を発売する可能性があるそうです。

これは技術分野の分析や調査を手がける「CCS Insight」のリサーチ責任者Ben Wood氏がCNBCのインタビューに回答したもの。

現時点でiPhoneを折りたたみ対応にするメリットは薄く、折りたたみiPadを先に製品化するとしています。

なお、ディスプレイ産業に長年携わっている調査会社「DisplaySearch」の主任アナリストRoss Youngさんは、Appleが約20インチの超大画面モデルをテスト中とコメント。

すでに折りたたみiPad実用化に向けて、超薄型カバーガラスをLGと開発中であることも明かされています。

・関連記事
折りたたみタブレット「Galaxy Tab Fold」ついに登場か、10インチ以上の大画面を手軽に持ち運び | Buzzap!

iPadにハイブリッド有機ELディスプレイ採用へ、大画面で薄型なのに低価格に | Buzzap!

「Pixel Fold」Galaxy Z Fold4完全対抗へ、カメラも充実したGoogle渾身の折りたたみスマホに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング