マイクロソフトが不振のスマホ戦略変更、「Surface Duo」新型は折りたたみディスプレイ搭載で2画面以外のモデルも模索中



iOSやAndroidが台頭する中、第3のOSとなるはずの「Windows Phone」が頓挫して以来、モバイルで存在感を発揮できずにいるマイクロソフト。

オリジナリティあふれる2画面スマホ「Surface Duo」すら苦戦しているのが現状ですが、ようやく戦略を変更するようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Microsoftは新しい2画面スマホ「Surface Duo 3」に折りたたみディスプレイを搭載するそうです。

Surface Duo 3は当初、シリーズに共通するデュアルディスプレイのデザインを維持しつつ、より狭いベゼルやワイヤレス充電などを備えて今年発売される予定でした。

しかしそのデザインは完成後に廃止されることになり、開発チームは現在新しい折りたたみ式デザインの開発に注力しているとのこと。

Surface Duo 3は、内側に180度折りたためるディスプレイおよび外側に比較的小さなディスプレイを備えた「Galaxy Z Fold」のようなデザインに方向転換し、2023年後半の発表と予想されています。

さらに同社はSurface Duoの他にAndroidスマホのラインナップも拡大したいと考えており、様々な端末を模索しているとのこと。

もしかするとバータイプだけでなくスライド式キーボード搭載モデルなど「2画面」にとらわれないユニークな新機種がお目見えするのかもしれません。

・関連記事
Windows「メモ帳」にタブ機能が追加か、初代からの標準搭載アプリにまさかの大型アップデート | Buzzap!

【無料】Photoshop対抗の「Designer」マイクロソフトが発表、絵心なしでもテキストから生成できるデザインソフトに | Buzzap!

「ゲーミングSurface Laptop」まもなく登場か、165HzディスプレイにCore i7、GeForce RTX 3070採用のガチでゲームを遊べる1台に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング