YouTube画面下の「オーバーレイ広告」ついに廃止へ、ユーザーの利便性を損なうとして改良


動画や字幕が隠れてしまい、見づらいうえに×ボタンで消すのも面倒。

そんな不便極まりない広告スタイルが廃止になるようです。詳細は以下から。

YouTubeのヘルプフォーラムによると、Googleは4月6日(木)からYouTubeの「オーバーレイ広告」を廃止するそうです。

オーバーレイ広告とは、動画の下部分を隠すように表示されるバナー広告のこと。

今まではPCで閲覧した場合のみ表示されており、今後は他の広告フォーマットに移行するため、クリエイター側の影響は少ないと予想されています。

見るたびに煩わしかった広告のスタイルを変更し、ユーザーの利便性を重視した今回のアップデート。

以前報じられたスキップ不可の5連続広告など、動画視聴に支障をきたすような改変ではなく、今後もユーザーが求める仕様への変更を期待したいところです。

・関連記事
【悲報】YouTubeが高画質動画を有料化か、スキップ不可の5連続広告などに続く「YouTube Premium」加入促進の一手 | Buzzap!

YouTubeが「ショート動画」にも広告導入へ、収益化でクリエイター呼び込みTikTokに対抗 | Buzzap!

「5Gの整備費用を負担しろ」YouTubeやNetflixなどアメリカ企業にEUの通信大手各社が要求へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品[PR]