「Redmi Note 14 Pro」2億画素カメラ廃止へ、ソニーの積層センサーを搭載した格安スマホになる可能性も


もし実現すれば、なかなか面白いことになりそうです。詳細は以下から。

最新スマホやプロセッサなどについて確度の高いリーク情報を数多く提供しているDigital Chat Station(DCS)氏によると、Redmi Note 14 Proは「ダブルマイクロカーブ」と呼ばれる形状の1.5Kディスプレイを採用するそうです。

そしてカメラは現行モデルと同じ2億画素ではなく、よりサイズの大きな5000万画素センサーに置き換わるとのこと。なお、望遠カメラは引き続き搭載されないとしています。

ここで押さえておきたいのが「Redmi NoteのProシリーズのメインカメラには比較的最新の高性能なセンサーが採用されてきた」という点。

国内発売された「Redmi Note 11 Pro」「Redmi Note 13 Pro」とも、Samsungの1億画素ないし2億画素センサーを搭載しています。

そんな中で2億画素から5000万画素に置き換わるということは、ソニーの「2層トランジスタ画素積層型CMOS」起用なども十分に考えられるわけですが、Samsungセンサーを引き続き採用するのでしょうか。続報が待たれます。

・関連記事
【比較】「AQUOS R8」「POCO F6 Pro」「Pixel 8a」ベンチマーク測定、20万円級の超高性能な格安スマホたちの処理能力や発熱時の安定性を徹底的に比べてみた | Buzzap!

Xiaomiが格安8インチタブレット「Redmi Pad SE 8.7」発売へ、6年ぶりの新型は4G対応のSIMフリーモデルに | Buzzap!

1円スマホ候補「Redmi 14C 5G」日本投入へ、6.7インチの大画面で必要な機能は備えた入門機になるか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]