KDDIが「au Wi-Fi SPOT」を無料開放へ、大規模災害時の通信手段として

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIがスマートフォンや「もう一台」の機器向けに提供している公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を、災害時に無料で開放することを表明しました。



公衆無線LANを用いた災害対策の強化について | 2012年 | KDDI株式会社

KDDIのプレスリリースによると、同社は大規模災害が発生した際に、被災地域における通信手段の確保に寄与するため、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」のエリアを無料で開放するそうです。

これは公共交通機関や飲食店、コンビニエンスストアなど、多くのユーザーが日常よく利用する場所や、スタジアムや大学などの災害時に避難場所として利用が見込まれる場所に「au Wi-Fi SPOT」を展開していることを受けたもの。

大規模災害発生時には無料で接続可能なSSIDが提供され、au以外のスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末からでもインターネット経由で情報収集や安否確認などを行える環境を提供するとのこと。

なお、KDDIは6月に災害による通信の混雑時でもEメールを大きく遅延することなく受信できる機能を提供するなど、災害対策を強化しており、移動電源車や非常用発電機、車載基地局、可搬型基地局を増強しているほか、携帯基地局に24時間以上稼動可能なバッテリーを配備するなどの対策も進めています。


・関連記事
知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットに用いられる機器を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがWi-Fiスポットに関する取り組みを解説、アクセスポイントの干渉対策実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が永年無料化、今後半年でスポット数を約4倍に急拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話業界激震の「解約金違法」判決、解約金撤廃などはあるのかをKDDIに聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加