「GL01P」「GL02P」は「GL04P」に無償交換可能か、サポートセンターで対応中

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年11月に消費者庁が下した措置命令から、下り最大75Mbps対応の基地局がわずか4%にとどまっていたことと合わせて明らかになった、イー・モバイルの「Pocket Wi-Fi LTE」こと「GL01P」「GL02P」に関する通信速度の問題。

これは「仮に基地局が75Mbps対応でも、ハードウェアの性能上の問題から30Mbps程度しか出せない」というものでしたが、水面下で無償交換が行われていることが明らかになりました。



ひびの出来事 ( ..)φメモメモ:GL01PをGL04Pに機種交換して頂いた。

EM GL01P・GL02PユーザーにGL04Pを無料配布! : kobulog

イーモバイル「GL01P」を「GL04P」に無償交換してもらえる話

【※追記アリ】GL01P→GL04Pへの無償交換 - にじいろねんりょう。

各個人ブログなどでの報告によると、消費者庁がイー・モバイルに下した措置命令から明らかになった「GL01P」および「GL02P」の性能面での問題について、現在カスタマーサポートセンターで無償交換などの対応が行われているそうです。

問題となっている「GL01P」「GL02P」の性能。基地局が75Mbps通信に対応していても、端末自体の性能によってWi-Fi接続では30Mbps程度しか速度が出ないというもので、パソコンなどとUSB接続した時に75Mbps通信ができるアップデートが提供される予定です。


交換対応が行われているとされる「GL04P」。総務省による電波の追加割り当てが必要となるものの、世界初となる下り最大150MbpsのLTE「UE category 4」をサポートしたほか、アップデートでバッテリー駆動時間が10時間に引き上げられるなど、高い性能を実現しています。


あくまで交換対応はユーザーごとのケースに応じて個人レベルで行われているものであり、性能面の問題が公式発表された11月以降に購入した場合などは対象にならないと思われますが、何も知らずに購入してしまったユーザーが泣き寝入りせずに済む可能性があるというのはうれしいところ。

しかしながら悪質なクレーマーよろしくカスタマーセンターのスタッフをひたすら怒鳴りつけ、相手の弱みに付け込んで無茶な要求を通そうとするような真似だけは避けたいものです。


・関連記事
下り最大150MbpsのLTEに対応したスマートフォンをイー・モバイルが投入へ、ソフトバンクエリアでも利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク回線対応の「GL05P」をイー・モバイルが発売へ、ただし「4G LTE」は利用不可 | BUZZAP!(バザップ!)

「EMOBILE LTE」の18.75Mbps対応基地局はほぼすべて改修済み、イー・モバイルが正式回答 | BUZZAP!(バザップ!)

テザリング対応で月額3795円、イー・モバイルの新型スマフォ「GS03」は高性能なだけじゃない | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング