「INFOBAR A02」超速攻レビュー、稀代の名機があらゆる面でついに「完成」

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが2013年春モデルとして「INFOBAR A02」を正式発表しました。

全体的に高い性能でまとめられており、今までのINFOBARシリーズにあった「少し物足りない感」を解消しているほか、作り込みの完成度がさらに向上。安心して選べるモデルとなっています。



「INFOBAR A02」は4.7インチHD(1280×720)CGシリコン液晶、「APQ8064(1.5GHz、クアッドコア)」、1GBメモリを搭載し、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信対応の防水・防塵Android 4.1スマートフォンで、800MHzと1.5GHz帯の4G LTEに対応。製造元はHTCです。


これが本体。カラーバリエーションは3色です。



「NISHIKIGOI」。前面カメラはHTC J butterfly同様、超広角のものを採用した210万画素前面カメラです。


背面には800万画素カメラを搭載


左側面には音量ボタンとファンクションキーがあります。なお、これらのボタンはホーム画面に表示されているアイコンと同じサイズです。



上部には多くのユーザーが待ち望んでいたであろうヘッドホン端子と電源ボタン。


下部にはmicroUSB端子があるほか、切り欠き部分には待望のストラップホールも。


「AOAO」







「ICE GRAY」







女性の手にもすっぽり収まります。




バッテリー容量は2100mAh


NFCにも対応しています。


好きな機能や連絡先、音楽アルバムなどをタイル状のアイコンとして追加できる「iida Home」





3種類のオリジナルカバーが提供されます。




こちらは深沢直人デザイン。アイコンやボタンの大きさと揃えたラインが特徴的。





プレスリリースに掲載されていない「INFOBAR A02」の8つのこだわりはこんな感じ。


INFOBAR A02をざっと触ってみた - YouTube


アイコンをグリグリ動かせるINFOBAR A02のiida Home - YouTube


・関連記事
「INFOBAR A02」ムービーレビュー、超軽快でどこまでも気持ち良く動くモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが春に追加で「何か」を発表へ、iPhone 5の販売数などにも言及 | BUZZAP!(バザップ!)

写真で振り返るINFOBARの歴史、これが「INFOBAR C01」への系譜 | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

テレビが巨大なAndroidタブレットになる「Smart TV Stick」をKDDIが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

【新春企画】「2013年のスマートフォン」を大胆予測してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「HTC J(ISW13HT)」が機種変更でも処分価格に、コストパフォーマンスは絶大 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加