国内最速、下り最大112.5Mbps対応のモバイルルーター「HW-02E」がいよいよ発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが2013年春モデルとして発表した、国内最速となる下り最大112.5MbpsのLTEサービスに対応したモバイルルーター「HW-02E」の発売日が発表されました。

「Softbank 4G」を超える速度だけでなく、つながりやすいプラチナバンドのLTEや広範なFOMAエリアでの利用も可能です。



報道発表資料 : 国内最速のLTE 「Xi」(クロッシィ)受信時最大112.5Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は国内最速となる下り最大112.5Mbps対応の「Xi」対応モバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を2013年3月16日(土)に発売するそうです。

「HW-02E」は発売当初、北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄の一部でしか下り最大112.5Mbps通信を利用できませんが、つながりやすい800MHz帯のLTEも利用可能。5秒で起動するほか、XiやFOMA、Wi-Fiを自動切り替えできるため、高い使い勝手を実現しています。


バッテリー容量は1780mAhでLTE・3Gともに約5時間(海外のGSMエリア利用時は4.5時間)駆動。各社にルーターを提供していることでおなじみのHuawei製です。



・関連記事
NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大1Gbpsを超える「LTE-Advanced」をNTTドコモが2015年に前倒し | BUZZAP!(バザップ!)

つながりやすく高速なLTE基地局を低コストで実現する技術が登場、スマフォの電池消費改善も | BUZZAP!(バザップ!)

Xiの高速化へつながる700MHz・800MHz・1.5GHz・1.7GHz・2GHz帯対応の基地局アンテナをNTTドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

国内最速112.5Mbps対応の「Ascend D2 HW-03E」レビュー、濡れたまま動作する実演デモも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加