タブレット市場でもAndroidがiPadのシェアを抜く見通しであることが判明、Windowsは悲惨な状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマートフォン市場に続いて、GoogleのAndroidタブレットがAppleのiPadのシェアを抜く見通しであることが明らかになりました。



Low Cost Products Drive Forecast Increases in the Tablet Market, According to IDC - prUS24002213

調査会社「IDC」のレポートによると、本体の小型化・低価格化を受け、2013年のタブレット出荷台数が前回の予想(約1億7240万台)から約1億9090万台へと引き上げられたそうです。

また、昨年相次いで発売された8インチ以下の小型タブレットは、直近の四半期におけるタブレット販売台数の半分を占めるほどのヒットを記録。IDCのアナリスト、Jitesh Ubrani氏は小型タイプがユーザーにとってより理想的なものであるとメーカーが認識しており、同分野で競争を強めているとしています。

IDCによる今後のタブレットOSの市場シェア推移。iOSは2012年の51%から46%までシェアを落とす反面、Androidは2012年の41.5%から48.8%にシェアを拡大してトップになり、その傾向は2017年まで続く見込み。WindowsおよびWindows RTタブレットはこれからシェアを伸ばすものの、2017年時点でもトータルでわずか10.1%にとどまるとされています。


iPadの独壇場だったタブレット市場を大きく変えた感がある「Nexus 7」「Kindle Fire HD」といった小型Androidタブレット。

昨今は「Galaxy Note」シリーズなどの「スマートフォン以上、タブレット未満」な画面サイズの「ファブレット」と呼ばれるモデルも人気を集めつつありますが、今後シェアが低下すると見込まれているAppleは参入するのでしょうか。

Kindle Fire HD 16GB
Kindle Fire HD 16GB
posted with amazlet at 13.03.13
Amazon.co.jp (2012-12-18)


・関連記事
激戦の7インチタブレット市場、値下がりが進んで1万円台が主流に | BUZZAP!(バザップ!)

ドヤ顔で「紙は不要、タブレットで十分」と主張する人間に一矢報いる痛快なムービー | BUZZAP!(バザップ!)

第2世代にあたる新型「Nexus 7」は5月に登場か、フルHD液晶などを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

本体重量わずか5kg、iPadの比じゃないタブレット「Smart Display」はこんなにもすごい | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5Sは8月発売予定、iPad mini 2や第5世代iPadは4月にも発売か | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad mini 2(仮)」向け液晶が製造開始、Retina DisplayやA5Xプロセッサ搭載か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加