パケット料金2980円の「ウィルコムプランLite」発表、通信量制限は1GB

このエントリーをはてなブックマークに追加



ウィルコムが誰でもスマートフォンを安価に使える新料金「だれスマ」として「ウィルコムプランLite」を発表しました。



本日行われた「ウィルコム 新商品・新サービス発表会」では、スマートフォン新機種「DIGNO DUAL 2 WX10K」「AQUOS PHONE es WX04SH」向けに、パケット料金が月額2980円になる「ウィルコムプランLite」およびヘビーユーザー向けの「ウィルコムプランD+」が7月18日から提供されることが告知されました。

それぞれの料金プラン適用時の月額料金はこんな感じ。通信量制限の解除はMyWILLCOMまたはウィルコムサービスセンターで受け付けるとのこと。

なお、新規加入者向けのキャンペーンも展開され、「ウィルコムプランLite」はパケット料金が2980円から1980円に最大6ヶ月間値下げされるほか、「ウィルコムプランD+」はパケット料金が5985円から5460円に最大24ヶ月間値下がりします。

・ウィルコムプランLite
基本使用料:980円
WEB接続料:315円
パケット料金:2980円
合計額:4275円(キャンペーン適用時の6ヶ月間は3275円)

転送量制限:1GB(速度制限超過後は128kbpsに減速)
備考:制限解除は0.1GB(100MB)ごとに315円

・ウィルコムプランD+
基本使用料:980円
WEB接続料:315円
パケット料金:5985円
合計額:7280円(キャンペーン適用時の24ヶ月間は6755円)

転送量制限:7GB(速度制限超過後は128kbpsに減速)
備考:制限解除は2GBごとに2625円

なお、いずれのプランも以下の各種オプションが提供される予定。

・テザリングオプション(月額525円)
Softbank 4G対応の「DIGNO DUAL 2 WX10K」でテザリングができるサービス。「ウィルコムプランD+契約」では2年間無料で、3年目以降は毎月の通信量制限が7.5GBに。
・ソフトバンクWi-Fiスポット(無料)
専用アプリで自動接続可能、通信量制限のカウント対象外。
・ライトメール(無料)
ウィルコムの電話機間で最大45文字の全角かな漢字を送受信
・スマートフォン基本パック(W)
ソフトバンクモバイル向けとほぼ同等
・スマホ安心サービス
未成年向けのフィルタリングサービス

1GBを超過した場合、100MBごとに315円を課金されることを考えると、毎月の通信量が2GBに達するユーザーは「ウィルコムプランD+」を契約した方が安上がりになる「ウィルコムプランLite」。

ライトユーザーだけでなく、ソフトバンクWi-Fiスポットや家庭のWi-Fiをうまく組み合わせ、通信量をうまく減らせるテクニックを持ち合わせたユーザーであれば、月額料金を安く抑えられるのではないでしょうか。

ウィルコム(WILLCOM)
http://www.willcom-inc.com/ja/index.html



・関連記事
ウィルコムが2013年夏モデル発表、AXGP対応機や「だれとでも定額」強化、新料金プランも | BUZZAP!(バザップ!)

月額基本料が1980円に、PHS搭載Wi-Fiルーター「PORTUS」のキャンペーンに潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

「ウィルコムストア」が閉店、サポートコインでの端末値引も終了 | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加