Xperia Z1f対抗の小型スマホ「AQUOS PHONE EX SH-02F」レビュー、世界一精細なIGZO液晶搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



フルスペックでありながらコンパクトボディを実現したソニーの「Xperia Z1f」と並んで、小型ボディと高い性能を実現した「AQUOS PHONE EX SH-02F」がNTTドコモの2013年冬~2014年春モデルとして発表されたため、レビューをお届けします。

これが「AQUOS PHONE EX SH-02F」本体。コンパクトボディにもかかわらず、世界一高精細な4.5インチフルHD(1920×1080)液晶にSnapdragon 800(MSM8974、2.2GHzクアッドコア)や2GBメモリを備えています。


背面にはF値1.9のレンズに、夜景に強い「Night Catch」機能を備えた1310万画素カメラを搭載。バッテリー容量は2120mAhです。






ZETAとは異なり、ボリュームスイッチは本体左上に。


世界最高となる487ppiの超高精細を実現。極度の近眼の筆者が画面に目いっぱい近づいて見てもドットを判別することができませんでした。



電池交換はできないものの、リアカバーを外すことは可能。換装用のリアカバーで着せ替え気分を味わえます。



また、同モデルは女性向けを意識してか、好きな色のイルミネーションを点灯させることも可能。女性向けといえばスペックが低めになりがちですが、この高性能ぶりには驚かされます。

AQUOS PHONE EX SH-02Fのイルミカラー - YouTube


・AQUOS PHONE EX SH-02F
ディスプレイ:4.5インチフルHD(1920×1080)IGZO液晶
カメラ:約1310万画素
プロセッサ:Snapdragon 800(MSM8974、2.2GHzクアッドコア)
ROM:2GB
RAM:16GB
バッテリー:2120mAh
防水・防塵:IPX5/IPX7
その他:microSDXCカードスロット、NFC、Bluetooth 4.0
プラットフォーム:Android 4.2

NTTドコモ公式ページは以下。

2013冬~2014年春モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ

・関連記事
NTTドコモの2013年冬~2014年春モデルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドラクエ10をドコモの格安タブレット「dtab」でプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

通信速度は100倍以上に、第5世代携帯電話(5G)を支える技術をNTTドコモが公開 | BUZZAP!(バザップ!)

抱き合わせに潜む罠、スマートフォンを購入するときの注意点まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加