世界18カ国のおばあちゃんと一番の得意料理の写真集がステキ

このエントリーをはてなブックマークに追加



とっておきのアイディアを知恵袋から出してくる人生の達人、それがおばあちゃん。世界のどこでも変わらず、美味しい料理を知っているようです。それぞれの文化から生まれたとっておきの1品とおばあちゃんの写真シリーズが話題になっています。

この写真はイタリア人アーティストのGabriele Galimbertiさんが作成した写真シリーズ「Delicatessen with love」。

世界18カ国のおばあちゃんと、それぞれの一番の得意料理を合わせた写真のシリーズ。国ごとに、自宅と料理の素材と一緒に笑顔で笑うおばあちゃんの写真と完成した得意料理の写真が並べられています。

お腹をすかせてじっくりご覧ください。レシピリンク付き(できるだけ)でお送りします。

Ayten Okguさん、76歳、イスタンブール、トルコ
カルヌ・ヤルク(ナスのひき肉詰め)


Pan Guang Meiさん、62歳、重慶、中国
回鍋肉


Bisrat Melakeさん、60歳、アジス・アベバ、エチオピア
インジャラとカレー


Marisa Batiniさん、80歳、カスティリオーン・フィオレンティーノ、イタリア
スイスチャードリコッタチーズラビオリミートソース


Thilaga Vadhiさん、55歳、クアラルンプール、マレーシア
ナシレマッ


Natalie Bakradzeさん、60歳、トビリシ、グルジア
ヒンカリ(豚と牛の包子)


Serette Charlesさん、63歳、セントジーン・デュズード、ハイチ
巻き貝のクリオーリョ風


Eti Rumiatiさん、63歳、ジャカルタ、インドネシア
ソトブタウィ(ジャカルタ風牛肉と野菜のココナツミルク味スープ)


Fifi Makhmerさん、62歳、カイロ、エジプト
コシャリ(エジプトの国民食)


Boonlom Thongporさん、69歳、バンコク、タイ
カイヤッサイ(タイ風オムレツ)


Julia Enaiguaさん、71歳、ラ・パス、ボリビア
Queso Humacha(フレッシュチーズと野菜のスープ)


Normita Sambu Arapさん、65歳、マサイマラ国立保護区Oltepessi、ケニア
Mbogaとorgali(ホワイトコーンのポレンタ、ヤギ肉と野菜添え)


Itala Revello Rosasさん、77歳、リマ、ペルー
コルヴィナのセビーチェ(生魚のマリネ)


Ivonete Tortoretti Correaさん、64歳、サン・パウロ、ブラジル
ライス、ファロッファ、豆と肉


Regina Lifumboさん、53歳、ムチンジ、マラウィ
Finkubala(芋虫のトマトソース炒め)


Eija Bankachさん、62歳、マッサ、モロッコ
鶏肉のタジン


Fernanda De Guiaさん、71歳、マニラ、フィリピン
シニガン(タマリンド風味スープ)


Isolina Perez De Vargasさん、83歳、メンドーサ、アルゼンチン
アサード


さて、どのお婆ちゃんの料理が一番食べてみたいですか?日本のお婆ちゃんが何を作るか考えてみるのも面白いですね。

おばちゃんが教えてくれた暮らしの知恵 (だいわ文庫)
おばあちゃん知恵袋の会
大和書房
売り上げランキング: 151,390



・関連記事
あふれる力の源、ロンドンオリンピックに挑む選手たちはいったい何を食べているのか? BUZZAP!(バザップ!)

あの超有名小説の食卓を再現した写真作品「Fictitious Dishes」 BUZZAP!(バザップ!)

食べられるスプレーペイントであなたの食事を好みの色に、という斬新過ぎるアイディア BUZZAP!(バザップ!)

健康食品には副作用があり、薬の効き目を低下させることが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加