まるで銀河旅行、ツチボタルの放つ幽幻な光に包まれたニュージーランドの洞窟が完全に別世界

このエントリーをはてなブックマークに追加



地上とは全く違う地球の顔を見せてくれる洞窟。この洞窟ではこの世のものとは思えない美しい光を放つ生き物たちが迎えてくれます。

ニュージーランドの北島にあるワイトモ洞窟。この洞窟が知られているのはとある虫の幼虫です。ツチボタルと呼ばれるこの虫、本当の名前はヒカリキノコバエといい、オーストラリアとニュージーランドの一部にのみ生息しています。



幼虫はホタルと同じルシフェリンと呼ばれる発光物質で光を放ち、粘液を30cmから40cm垂れ下がらせて餌となる虫をおびき寄せて補食します。完全な暗黒である洞窟の中で見られるこの光はまさに天の川。ワイトモ洞窟ではボートに乗り、洞窟内の川を巡りながらこの光景に包まれることができます。




この洞窟が最初に発見されたのは19世紀のこと。マオリ族のTane Tinorauさんが発見し、1889年から洞窟のツアーを始めたとのことで、なんと120年を超える歴史を持ったツアーです。公式サイトも存在し、ツアーの予約も可能です。

Glowworm Caves Waitomo New Zealand

地球と生物の神秘を同時にかいま見ることのできるこの洞窟、ニュージーランドに旅行に行くときは目的地のひとつにしてみるのもいいかもしれません。

New Zealand Has A Cave Full Of Glow Worms, And You Should Go Inside It



ニュージーランド神話―マオリの伝承世界
アントニー アルパーズ
青土社
売り上げランキング: 125,666



・関連記事
人力のみでたったひとり、異次元のような洞窟を「アート作品」として掘り続ける男 BUZZAP!(バザップ!)

息を飲むような美しさ、アイスランド最大の氷河にある「氷の洞窟」 BUZZAP!(バザップ!)

雲が浮かび霧がたなびく、独自の気候システムを持った超巨大な中国の洞窟が圧巻 BUZZAP!(バザップ!)

人類最古の洞窟壁画を描いたアーティストの多くは実は女性だったと判明 BUZZAP!(バザップ!)

スケートもできるロシアの大理石採石場跡地の洞窟が幻想的過ぎる BUZZAP!(バザップ!)

ニュージーランドの丘に現れた合成写真のような巨大な紙切れのオブジェ「Horizons」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加