レノボがGoogleからモトローラを買収



中国メーカーのLenovoがGoogle参加の携帯電話メーカー、Motorolaを買収しました。詳細は以下から。

Lenovo Newsroom | Lenovo to Acquire Motorola Mobility from Google

Lenovoのプレスリリースによると、同社とGoogleがMotorolaの携帯電話部門を29億1000万ドルで買収することに同意したそうです。

しかし今回の買収後もGoogleは現在特許出願および発明の開示など、Motorolaの特許の大半の所有権を維持するほか、Googleとの継続的な関係の一環として、Lenovoは特許権などの知的財産をライセンス提供されるとのこと。さらにLenovoは2000以上の特許資産を受け取るだけでなく、Motorolaのブランドおよび商標も獲得するとされています。

Lenovoは2011年にNECのパソコン部門と合弁し、2013年には合弁会社の社長にLenovo側のスタッフが就任。先日はIBMのx86サーバー部門を買収していましたが、今度はモバイル分野を強化することとなります。

ちなみにMotorolaの携帯電話部門がGoogleに買収されたのは2011年。Google自ら携帯電話メーカーを傘下に収めたことで、MotorolaがAndroidの中核的存在になると思いきや、最新Androidのリファレンスモデル「Nexus」シリーズが発売されるようなこともなく、スマートフォン市場で問題となりつつあった特許訴訟への対策という感が強いのが実情でした。

しかしGoogleは先日、Samsungとビジネス領域の広い範囲をカバーする世界特許のクロスライセンス契約を締結。これは両社の既存の特許のみでなく、今後10年間にわたって両社が取得した新たな特許も対象になるというもので、特許訴訟のリスクを減らすことができるという声明が出されていましたが、特許の所有権さえGoogleに残るのであれば、メーカーとしてのMotorolaはお払い箱ということなのでしょうか……?

・関連記事
Googleが「Nexus」シリーズを打ち切りか | BUZZAP!(バザップ!)

GoogleとSamsungが世界規模で特許のクロスライセンスを締結、AndroidでGalaxyの地位が揺るぎないものに | BUZZAP!(バザップ!)

初の赤字転落でLenovoへの身売り話まで持ち上がったHTC、いったい何が悪かったのか | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトがSamsungに10億ドルの巨額投資か、Windows Phone製造継続を依頼 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  2. 【速報】1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ、ステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適に
  3. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  5. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに

モバイルに関連した楽天商品ランキング