打ち上げ花火を小型無人ヘリで内側から見たら完璧にワープ空間でした

このエントリーをはてなブックマークに追加




打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」は岩井俊二監督の名作中編ですが、打ち上げ花火が1番美しく見えるのは「内側から」であることが小型無人ヘリからの撮影で証明されました。

動画サイトVimeoユーザーのGasper Cがアップしたのは、友人がもはやおなじみとなった小型無人ヘリのDJI PHANTOMを使ってはじけ飛ぶ打ち上げ花火をかい潜り、至近距離まで接近して撮影した映像です。



どこから見ても美しくて大迫力の打ち上げ花火ですが、視界いっぱいに広がってゆく光のラインはSF映画のワープ航法そのまま。



動画はコチラから。ぜひフルスクリーンでどうぞ。

DJI PHANTOM FIREWORKS on Vimeo


ぶつからないかとヒヤヒヤしますが無事に重大任務を終えて帰還することができたようです。

・関連記事
飛び散る溶岩をかい潜り、活火山の噴火口を小型無人ヘリで撮影した圧巻の映像 BUZZAP!(バザップ!)

宅配便は用済み?Amazonが注文後30分以内に小型無人ヘリで宅配するサービス「Prime Air」を実験中 BUZZAP!(バザップ!)

バーニング・マン2013を小型無人ヘリから撮影した映像が完全に別世界 BUZZAP!(バザップ!)

ナイアガラの滝を小型無人ヘリで真上から撮影した映像の飛行感がすさまじい BUZZAP!(バザップ!)

頭で考えるだけで小型無人ヘリを操縦できる技術をミネソタ大学が開発 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加