マトリックスの世界が現実に?「人体を蓄電池にする」技術が開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Toni

映画「マトリックス」の世界が現実化してしまうかもしれません。人間の体液を使った蓄電素子が開発されています。

信州大学繊維学部の杉本渉教授が開発したのは、生物の体液の成分を用いることでこれまでの蓄電池で使われていた硫酸や有機溶媒を使わず生物の体内で安全に電気を蓄えることのできる蓄電素子「バイオスーパーキャパシタ」。

これまでの蓄電池には自動車などに積まれる鉛蓄電池(いわゆる「バッテリー」です)、近年ではリチウムイオン蓄電池などがありますが、それぞれ硫酸や可燃性の有機溶媒を用いているため、人体内での使用は非常に危険で困難とされてきました。

しかし杉本教授は2003年に「酸化ルテニウムナノシート」を開発し、これで覆ったチタン製の棒を電極にして実験し、酢酸と酢酸塩を含む溶液とを組み合わせて硫酸以上の蓄電性能を確認。さらに人間の体液と同じ塩分濃度の生理食塩水を用いても蓄電できることを発見しました。

本来は筋肉などの運動を電気に変える発電機と連動させるなどして、心臓ペースメーカーや体内植え込み型除細動器(ICD)用の電池として開発されてきましたが、「血液や唾液、尿といった体液を利用して、人体を『蓄電池化』することも理論的には可能」としており、生命活動を電気化して人体に蓄電するという、まさにマトリックスの世界そのままの技術まで行き着く可能性もあります。

もちろん機械に支配されなかったとしても、「電脳」や「義体」などのギミックの開発に際し、体内で発電、蓄電ができれば実現に向けての大きな一歩になりそうです。ウェアラブルデバイスの植え込み化など、さらに未来の技術が身近なものになるかもしれません。

体液を使った蓄電素子開発 信大繊維学部・杉本教授|信濃毎日新聞[信毎web]

(Photo by Toni

マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-08-07)
売り上げランキング: 52

・関連記事
世界で最も「グラムあたりの単価」が高い物質ベスト16 BUZZAP!(バザップ!)

人類が夢見続けてきた「永久機関」を片っ端から実際に動かしてみたロマン溢れる動画 BUZZAP!(バザップ!)

新開発の「世界一黒い物質」がブラックホール並に黒すぎると話題に BUZZAP!(バザップ!)

頭を切り落とされてから2年間生き続けた鶏、首なしマイクを知っていますか? BUZZAP!(バザップ!)

【実験】真空で羽根とボーリングの球を落とすと本当に同時に下まで落ちるのか? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加