ソフトバンクが昨年生まれたワイモバイルを速攻で吸収合併、BBやテレコムも

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年ウィルコムとイー・モバイル(イー・アクセス)が合併して生まれたばかりのワイモバイルが、ソフトバンクモバイルに吸収されることになりました。

合併に関するお知らせ(PDF形式)| ソフトバンクモバイル株式会社

各社が連名で発表したプレスリリースによると、2015年4月1日をもってワイモバイル・ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコムの3社が消滅会社、ソフトバンクモバイルが存続会社として合併するそうです。

合併によって各社が有する経営資源をさらに集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することで、企業価値の最大化を図っていくとのことで、革新的なサービスの創出に取り組むとともに、構造改革を通じて経営効率を高める方針。

また、ソフトバンクグループ各社とともに、IoT(インターネット・オブ・シングス)やロボット、エネルギー等の分野でも事業を拡大させていくとしています。

なお、今までソフトバンクモバイルが「ソフトバンク」ブランドで移動通信、ソフトバンクBBは「Yahoo! BB」ブランドでブロードバンド、ソフトバンクテレコムは固定電話やデータ通信など、ワイモバイルは「Y!mobile」ブランドで移動通信をそれぞれ提供。

既存サービスのブランド名は維持する方針で、携帯電話部門はソフトバンクとワイモバイルの2ブランドで提供されることになります。

・関連記事
ワイモバイルは用済み、ソフトバンクモバイルが吸収合併に踏み切る背景を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがモバイルの設備投資を大幅削減、生まれたキャッシュは海外に積極投資へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「家族の学割」発表、2015年の学割商戦開始 | BUZZAP!(バザップ!)

PHS純減のワイモバイル、ついに1台目の基本使用料まで無料に | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルPHS(旧ウィルコム)またしても純減、MNP解禁で流出加速の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加