紙巻タバコが初の1000億本割れ、減少率も最大に

このエントリーをはてなブックマークに追加



タバコのある風景がどんどん過去のものになってゆきそうです。詳細は以下から。

2020年度の国内での紙巻きたばこ販売本数がはじめて1000億本を下回ったことが判明しました。


これは日本たばこ協会の集計によるもので、1000億本割れは統計のある1990年度以降初めて。

また前年度からの減少率も過去最大の16.3%(193億本減)で988億本となりました。販売本数が最大だった96年の3483億本からは7割以上減少した計算になります。


成人の喫煙率は96年前後に多少増えたものの、年々減少して2019年には男性27.1%、女性7.6%となっています。


一気に減少した理由としては、新型コロナで在宅勤務が普及し、においの少ない加熱式への移行が進んだためとされています。


アフターコロナの世界では、タバコは今以上に肩身の狭い嗜好品になっているかもしれません。

・関連記事
【コラム】新型コロナ対策で「禁煙・タバコ生産停止を要請」に困惑の声、依存症治療やアングラ化問題への指摘も | Buzzap!

タバコはどこで吸える?改正健康増進法の全面施行で変わったことまとめ | Buzzap!

大気汚染がタバコよりも人を殺していることが明らかに | Buzzap!

最も海を汚しているプラスチックゴミ、ストローではなく「タバコの吸い殻」でした | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング