2022年発売「iPhone 14」は飛躍的に性能アップか、TSMCが「3nm」チップをApple製品向けに製造へ



昨年iPhone 12シリーズを買った人たちは勝ち組かもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、世界最大の半導体生産企業「TSMC」が2022年後半にApple製品向けに3nmプロセスを使ったプロセッサの量産を開始するそうです。

これは業界関係者が明かしたもので、iPhoneやMacなど、どのApple製品に向けたプロセッサになるのかは不明。

しかし2022年の「後半」になるという点、Appleが最新プロセスで製造したプロセッサをまずiPhoneに実装してきた点などを踏まえると、やはり2022年発売の「iPhone 14(仮)」への採用が濃厚とみられます。

同じ消費電力でより高い処理能力を実現できる製造プロセスの微細化。

現行のiPhone 12に採用されている「Apple A14」が業界初の5nmプロセスで製造され、飛躍的にパフォーマンスが向上したことを考えると、iPhone 12を昨年購入し来年iPhone 14に機種変更する予定のユーザーは勝ち組かもしれません。

・関連記事
【速報】「iPhone SE一括1円」「本体のみ購入も割引」ドコモ、au、ソフトバンクの仁義なきバトルさらに激化 | Buzzap!

iPhone一括0円再び?「5Gスマホはスマホ割引上限(2万円)の対象外に」とAppleが総務省に要望 | Buzzap!

iPhone採用説もある「中国産フラッシュメモリ」に暗雲、製造が難航していることが明らかに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング