やってはいけない充電3選、意外に知らないスマホのバッテリーを長持ちさせる方法



スマホを使う上で必ず行う充電において、ついやりがちな間違った方法が解説されています。

工夫しだいで今持っているスマホを長持ちさせられる可能性もあるため、チェックしてみるのはいかがでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道で、スマホ充電時にやってはいけない3つの習慣が紹介されています。

これはスマホを充電する上でやってしまいがちな行為を集めたもの。バッテリーは重要な部品の1つですから慎重に取り扱いたいものです。

◆ケースをつけたままスマホを充電する
ユーザーが最もやりがちなことの1つとして挙げられていたのが、スマホケースを装着したまま充電すること。充電時にはケースを取り外すことが推奨されています。

熱を持ちすぎてしまうことにより充電する速度が遅くなり、バッテリーの寿命が短くなってしまうほか、ケースの設計が悪かったりケーブルの開口部がうまく収まらなくなっていると端子が破損しやすいとのことです。

◆急速充電器を毎日使う
スマホに40W以上の急速充電器が付属している場合は、毎日使用“しない”ことが重要とのこと。なんと使用開始からわずか1年でバッテリーを著しく劣化させる可能性があるとのこと。

これを避けるために夜間用に使える低速のサブ充電器を用意し、必要があるときだけ急速充電を使うことが推奨されています。

◆バッテリーが5%未満で充電する
電池残量が10〜15%未満まで低下すると、バッテリー自体に大きなストレスがかかり、これを毎日繰り返すと通常よりもはるかに劣化が早まるとされています。時々行うぶんには問題ありませんが、毎日繰り返すことはお勧めできないそう。

これを避けるために、バッテリー残量が15~20%の時点でスマホを充電することが推奨されています。

これら3つの習慣を避けてバッテリーを管理することで、充電速度を改善し、バッテリーの寿命を延ばし、将来の問題を未然に防げるとのことです。

ひとつひとつは重要そうに見えないかもしれませんが、総合的に見てバッテリーに大きな影響を与える可能性があるため、余裕があれば注意した方がいいでしょう。

・関連記事
「高温で充電は絶対にNG」iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる最良の方法をAppleが公開、ケースにも要注意 | Buzzap!

「スマホのデータを盗まれる」公共のUSB充電スポットにセキュリティの重大なリスクがあることが明らかに | Buzzap!

【注意】スマホが爆発炎上し車が全焼、「スマホの充電」に大事故を引き起こすおそれ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング