KDDIがスマートフォンのWi-Fi待受時の電池持ちを従来の2倍に、切り替え時間も半分以下に

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯電話各社がこぞって敷設しているものの、「電池持ちが気になる」という理由で敬遠する人もいるWi-Fiスポットですが、本日報道関係者向けにKDDIが行っているレクチャーで、なんと待ち受け時のスマートフォンの電池持ちを従来の2倍に引き上げることが発表されました。

詳細は以下から。



KDDIによると、5月以降に待ち受け時のWi-Fi信号受信間隔を最適化することで消費電流を改善し、電池持ちを従来の約2倍に引き上げるそうです。OSなどの理由で導入できない一部機種を除く過去機種にも導入予定。


また、Wi-Fi接続の手順や、「au Wi-Fi接続ツール」のアプリ改善などで切り替え時間を従来の半分以下に短縮するとのこと。こちらも5月以降、順次対応するとしています。


・次の記事
安易に基地局を増やすだけでは不可能、「つながるau」を実現するための取り組みをKDDIが解説 | BUZZAP!(バザップ!)


知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
KDDIが通信速度を約2倍にする「EV-DO Advanced」をついに導入、通信混雑の緩和も | BUZZAP!(バザップ!)

通信量爆増でパケット定額の今後や帯域制限の現状は?KDDIに聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがスマートフォン向けに導入する「通信の最適化」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIも通信障害への対応策を発表、ソーシャルメディアで障害情報告知も | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「au Wi-Fi SPOT」が10万スポット突破、PCやタブレットも無料で利用可能 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 4Sのメール機能比較、au版がソフトバンク版を圧倒する結果に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI版「新しいiPad」が4月以降発売と改めて報道、その生存戦略を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加