ウィルコムが「あんしん保証サービス」導入で月額料金値上げ、「あんしんサポート」は廃止



サービスセンター有料化など、各種サポートの廃止・有料化が相次ぐウィルコムが電話機が故障した際の修理・交換サービス「あんしんサポート」を廃止し、新たに「あんしん保証サービス」を導入することを発表しました。

これにより月額料金が値上げとなり、サービス内容も変更されます。



WILLCOM|「あんしん保証サービス」の開始について

ウィルコムのプレスリリースによると、同社は2013年2月1日(金)から「あんしん保証サービス」を開始するそうです。

これは利用している電話機が故障・水没・紛失した場合も低価格で修理・良品交換ができ、電話機の機種変更時の電話機代金の負担を軽減できるようになるというもので、現在提供している「ウィルコムあんしんサポート」の新規受付は2013年1月31日(木)をもって終了するとのこと。

「あんしん保証サービス」と「ウィルコムあんしんサポート」の違いは以下。月額料金が上がる(3年間で6588円)代わりに修理の自己負担額が1050円から0円になるほか、2年以上利用した場合の機種変更時の電話機代金が最大5250円割引されるという、長い目で見れば得な気がしなくもない計算に。

◆月額料金
あんしん保証サービス:498円
ウィルコムあんしんサポート:315円

◆故障・破損時の修理代金
あんしん保証サービス:負担額無料
ウィルコムあんしんサポート:負担額1050円

◆全損・水没・盗難・紛失時
あんしん保証サービス:5250円で良品交換
ウィルコムあんしんサポート:5250円で良品交換

◆その他の特典
あんしん保証サービス:機種変更時の電話機代金を最大5250円割引
ウィルコムあんしんサポート:通常2100円~4200円かかる「長期代品貸出サービス」の貸出手数料無料

なお、ウィルコムは毎月の請求額に応じて自動的にたまる「コイン」を機種変更時や修理時に代金の一部として利用できる「サポートコイン」や、故障した際に修理代金の一部をウィルコムが負担する「修理アシストサービス」などの各種サポートサービスを3月末で終了する予定。つまり今後サポートを受けたいなら「あんしん保証サービス」に加入するしかないことにも注意が必要です。


・関連記事
204kbpsで月額980円、ウィルコムがデータ通信カード2機種を格安で在庫処分 | BUZZAP!(バザップ!)

「かんたんケータイ WX02SH」レビュー、ウィルコム初の本格シニア向け端末 | BUZZAP!(バザップ!)

スマフォを充電できる「ENERUS WX03S」レビュー、世界初の外付けバッテリー機能を搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ツートンカラーな「HONEY BEE 5 WX07K」レビュー、防水・スマフォ連携対応でより実用的に | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムがサービスセンター有料化、オペレーターとの通話や各種手続き、操作の問い合わせが対象に | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムがサポートコインや修理アシストなどを終了へ、サービスセンター有料化に続いて | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング